ハコフグ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハコフグから転送)
移動先: 案内検索
ハコフグ科
Ostracion immaculatus.jpg
ハコフグ Ostracion immaculatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: フグ目 Tetraodontiformes
上科 : ハコフグ上科 Ostracioidea
: ハコフグ科 Ostraciidae
学名
Ostraciidae Rafinesque, 1810
英名
Boxfish

ハコフグ科(箱河豚、Ostraciidae)はフグ目に属する海水魚のの1つ。

特徴[編集]

皮膚に骨板が発達し、多数がかみあって全身を装甲する硬い甲羅を構成している。全体は箱状となる。フグ科魚類と同様に体型は丸みを帯びる。色も美しく、体型や泳ぎの様子の愛らしさから観賞魚として飼育されることもある。

歯はフグ科ハリセンボン科マンボウ科ウチワフグ科のように全部が融合してペンチ状の歯板を形成することはなく、むしろ同じフグ目のカワハギ科などと同様、くちばし状の吻の先端に状の歯が集まった形状になっている。

毒性[編集]

一般的にフグ毒として知られるテトロドトキシンは持たない。だが、パリトキシンに類似した毒性物質を体内に蓄積していることがある。これはアオブダイソウシハギなどと同様に、食物連鎖を通じて蓄積されると推測される。この物質は後述のパフトキシンと違い食用部分に存在しており、重篤な中毒を起こす事がある。厚生労働省から平成14 - 19年にこのパリトキシン様毒を持つ個体による5件9名、死亡1名の食中毒例が報告されている[1]

焼くと骨板は容易にはがすことができるため、一部の地方では昔から美味として好んで食用にされてきた。たとえば長崎県五島列島ではカトッポと呼ばれ、焼いて腹部の甲羅をはがしてから味噌を入れ、甲羅の中で肉や肝臓と和える調理法が知られる。しかし、肝臓と皮は販売が禁止されている。

骨板による装甲とともに、サポニンに類似し溶血作用のあるパフトキシンという物質を皮膚から粘液とともに分泌し、捕食者からの防御を行っている。そのため、水槽内での不用意な刺激によって毒が海水中に放出され、他の魚が死滅することがある。その毒で自分も死ぬことがある。

分類[編集]

6属25種が属する[2][3]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 厚生労働省統計。「資料3 貝毒以外の海洋性自然毒 p.3 p.21」(会議資料詳細 第8回食品安全委員会かび毒・自然毒等専門調査会
  2. ^ Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2006). "Ostraciidae" in FishBase. April 2006 version.
  3. ^ Santini, Francesco and Sorenson, Laurie and Marcroft, Tina and Dornburg, Alex and Alfaro, Michael E (2013). “A multilocus molecular phylogeny of boxfishes (Aracanidae, Ostraciidae; Tetraodontiformes)”. Molecular phylogenetics and evolution 66 (1): 153-160. http://specifyassets.nhm.ku.edu/Ichthyology/originals/sp66483766177392227050.att.pdf. 

関連項目[編集]

  • さかなクン -このハコフグを模した帽子をかぶっている。

外部リンク[編集]