ハキーム・ダオドゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハキーム・ダオドゥ[1]
Hakeem Dawodu at UFC 244.jpg
2019年
本名ハキーム・ダオドゥ
(Hakeem Dawodu)
生年月日 (1991-07-02) 1991年7月2日(29歳)
出身地カナダの旗 カナダ
アルバータ州カルガリー
通称ミーン
(Mean)
国籍カナダの旗 カナダ
身長173 cm (5 ft 8 in)
体重66 kg (146 lb)
階級フェザー級
リーチ185 cm (73 in)
拠点カナダの旗 カナダ
アルバータ州カルガリー
チームチャンピオンズ・クリードMMA
マイク・マイルズ・キックボクシング・チーム
現役期間2014年 -
総合格闘技記録
試合数14
勝利12
ノックアウト7
判定5
敗戦1
タップアウト1
引き分け1
キックボクシング記録
試合数9
勝利9
ノックアウト6
敗戦0
アマチュアムエタイ記録
試合数47
勝利42
ノックアウト15
敗戦5
その他
総合格闘技記録 - SHERDOG

ハキーム・ダオドゥHakeem Dawodu1991年7月2日 - )は、カナダ男性総合格闘家、元ムエタイ選手。アルバータ州カルガリー出身。チャンピオンズ・クリードMMA/マイク・マイルズ・キックボクシング・チーム所属。UFC世界フェザー級ランキング15位。元WMCインターコンチネンタルウェルター級王者。

来歴[編集]

カナダカルガリージャマイカ人の父親とナイジェリア人の母親との間に生まれる。6歳の時に父親が国外に追放され、その後は母子家庭で育つ。問題児であったため、14歳の時に少年院に入れられ、2年後、カウンセラーがアンガーコントロールの手段としてダオドゥにムエタイを始めさせた[2]。その後、アマチュアムエタイで47戦42勝(15KO)、プロムエタイで9戦全勝(6KO)の戦績を残し、総合格闘技に転向した[3][4]

総合格闘技[編集]

2014年、 プロ総合格闘技デビュー。WSOFに参戦し、8戦7勝1分の戦績を残す。

UFC[編集]

2018年3月17日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Werdum vs. Volkovでダニー・ヘンリーと対戦し、ギロチンチョークで1Rテクニカル一本負け。キャリア初黒星を喫した。

2019年7月27日、UFC 240堀江圭功と対戦し、左ハイキックで3RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2020年9月27日、UFC 253でズバイラ・ツフゴフと対戦し、2-1の判定勝ち。なお、この試合はツフゴフが150ポンドとフェザー級リミットから4ポンド体重超過をしたため、ファイトマネーの30%をダオドゥに譲渡する条件で行われた。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
14 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 7 0 5 0 1 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ズバイラ・ツフゴフ 5分3R終了 判定2-1 UFC 253: Adesanya vs. Costa 2020年9月27日
フリオ・アルセ 5分3R終了 判定2-1 UFC 244: Masvidal vs. Diaz 2019年11月2日
堀江圭功 3R 4:09 KO(左ハイキック) UFC 240: Holloway vs. Edgar 2019年7月27日
カイル・ボフニャク 5分3R終了 判定2-1 UFC 231: Holloway vs. Ortega 2018年12月8日
オースティン・アーネット 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 30: Alvarez vs. Poirier 2 2018年7月28日
× ダニー・ヘンリー 1R 0:39 ギロチンチョーク UFC Fight Night: Werdum vs. Volkov 2018年3月17日
スティーブン・サイラー 5分3R終了 判定3-0 WSOF 35: Ivanov vs. Jordan 2017年3月18日
マラット・マゴメドフ 2R 2:03 TKO(左ボディブロー→パウンド) WSOF 32: Moraes vs. Hill 2 2016年7月30日
マラット・マゴメドフ 5分3R終了 判定0-1 WSOF 26: Palmer vs. Almeida 2015年12月18日
チュカ・ウィリス 2R 2:55 TKO(左膝蹴り連打) WSOF 21: Palmer vs. Horodecki 2015年6月5日
トリスタン・ジョンソン 3R 1:59 TKO(右フック) WSOF 18: Moraes vs. Hill 2015年2月12日
マイク・マロット 1R 4:13 TKO(スタンドパンチ連打) WSOF 14: Ford vs. Shields 2014年10月11日
ジェイク・マクドナルド 2R 0:18 KO(パンチ連打) WSOF Canada 2: Loiseau vs. Lewis 2014年6月7日
ベーラング・ユーセフィ 1R 1:07 KO(パンチ) WSOF Canada 1: Ford vs. Powell 2014年2月21日

ムエタイ[編集]

  • プロムエタイ:9戦9勝(6KO)0敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
9 2015年1月24日 勝利 5R 判定 チャーリー・ピーターズ イギリスの旗 イギリス Canadian Challenger Muay Thai Series 12
8 2014年4月5日 勝利 3R 判定 サム・サムット・カイアットポンシップ タイ王国の旗 タイ Canadian Challenger Muay Thai Series 10
7 2014年1月24日 勝利 1R KO 平井純平 日本の旗 日本 WMC Challenger Muay Thai Series 9
【WMCインターコンチネンタルウェルター級タイトルマッチ】
6 2013年11月17日 勝利 3R TKO ゴンナパー・ウィラサクレック タイ王国の旗 タイ M-FIGHT SUK WEERASAKRECK IV
5 2013年5月25日 勝利 3R 判定 ライアン・ヴィーゼ オランダの旗 オランダ K-1 8-man Tournament, Final
4 2013年5月25日 勝利 3R KO N/A N/A K-1 8-man Tournament, Semi Finals
3 2013年5月25日 勝利 1R KO デイビン・シナスウィー トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ K-1 8-man Tournament, Quarter Finals
2 2013年4月19日 勝利 4R KO シェルドン・ゲインズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Challenger 7 - 'HEAVY DUTY'
1 2012年11月24日 勝利 2R KO ランジャラス タイ王国の旗 タイ Muay Thai Mayhem 3
テンプレート

獲得タイトル[編集]

ムエタイ・キックボクシング[編集]

  • WMC
    • インターコンチネンタル・ウェルター級王座(2014年)
  • IFMAアマチュア
    • ワールドカップ Aクラス トーナメント 63.5kg未満級 銅メダル(2012年)
    • ヨーロピアンカップ Aクラス 63.5kg未満級 銀メダル(2011年)
    • ワールドカップ トーナメント 63.5kg未満級 金メダル(2010年)
  • パンアメリカンムエタイ連盟
    • スーパーライト級アマチュア王座(2012年)
  • IKFアマチュア
    • フルムエタイルール ライトウェルター級アマチュア世界王座(2011年)
    • ワールドクラシック ムエタイルール ウェルター級アマチュア王座(2010年)

表彰[編集]

  • UFCパフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]