ネブカドネザル2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ネブカドネツァルから転送)
移動先: 案内検索
ネブカドネザル2世

ネブカドネザル2世Nebuchadnezzar, 本来のアッカド語表記ではナブー・クドゥリ・ウスルNabû-kudurri-uṣur)は新バビロニア王国の2代目の王である(紀元前634年紀元前562年、在位紀元前605年 - 紀元前562年)。アッカド語の名前「ナブー・クドゥリ・ウスル」は「ナブー神よ、私の最初の息子を守りたまえ」を意味する。マルドゥク神の息子ナブー神は、バビロニアにおける知恵の神である。彼の名前はかつて誤って「ナブー神よ、クドゥル(英語版)(Kudurru:国境の境界石)を守りたまえ」と翻訳された。 [1] だが、統治者の名前に組み入れられたとき、クドゥルは「最初の息子」または「最も年上の息子」の意味になる。 [2] 碑文ではネブカドネザルは彼自身のことを「ナブー神に愛されし者にして寵臣」と称している。 [3] [4] 彼はナボポラッサルの長男である。在位中、バビロンの空中庭園の建設やエルサレムバビロン捕囚などを行った。聖書中の「ダニエル書」ほか各種の書に登場する。

来歴[編集]

ネブカドネザル2世は新バビロニア王国建国者ナボポラッサルの息子としてB.C.630年頃に生まれた。ネブカドネザル2世は旧約聖書の中に「ネブカドネツァル」として現れることでも知られる。B.C.607~B.C.606年に皇太子としてアッシリアに遠征し、ハランにあったアッシリアの残存勢力を攻撃、B.C.606~B.C.605年にそれを助けるべく出兵した大国エジプトの王ネコ2世率いるエジプト軍に撃退されると、カルケミシュの戦い、父親に代わって軍の総裁となり、カルケミシュ(現在のジュラーブルス)とハマトでエジプト軍を打ち破ってシリアの大半を制圧した(紀元前606年)。

紀元前605年8月15日父王ナボポラッサルが死去すると急遽バビロンへ帰還し、三週間で政権を握り、父の王位を継ぎバビロニア王となった。彼が王となってすぐ(B.C.601年)にエジプトはシリア地方とパレスチナへの介入を再開しユダ王国、また征服したシリア地方の諸王国でも各地で反乱の火の手があがったが、ネブカドネザル2世はエジプトに大敗した。これに対し紀元前597年にはパレスティナにかろうじて存続していたユダ王国を属国とした。また、イェルサレムに攻め入って、ヨヤキン王を首都バビロンに連行した(第一回バビロン捕囚)。紀元前595年には東に転じてエラムを攻撃し、かつて全オリエントを征服して覇を唱えたアッシリア帝国とほぼ同じ領域をエジプトを除き支配下に置いた。

紀元前589年にも再びエジプトが侵入し、ユダ王国もこれに乗じて再び反乱を起こしたために紀元前587年に再びエルサレムを包囲し(エルサレム包囲戦英語版)、翌年陥落させ神殿を破壊した。ユダ王国は属州Yehud紀元前586年 - 紀元前539年)として併合された。その間得た多くの捕虜は首都バビロンへ連行された(第二回バビロン捕囚)。このことは旧約聖書、『列王記』下24:8-25:5にも記されている。同じく旧約聖書中の『ダニエル書』は彼によってバビロンへ連行されたユダヤ人たちの物語である。またフェニキアテュロスにも軍を差し向け、13年間にもわたる包囲戦が行われたという。

彼の治世の後半は史料が乏しい。旧約聖書には彼が発狂したと述べられているが、信憑性の程は分からない。彼の死後、息子のアメル・マルドゥクが王位を継いだ。

建築事業[編集]

ペルガモン博物館に復元展示されているイシュタル門

彼はその治世の間に、バビロン市で大規模な建築事業を行ったことで知られている。バビロンのマルドゥク神殿とジッグラトは大幅な改修が行われ規模が拡張された他、街は三重の城壁で囲われるとともにユーフラテス川に橋を通して市域が対岸にも拡張された。巨大な宮殿を建設し宮殿に通じる大通りを作り(行列道路)、有名なイシュタル門も建設された。これは彩色レンガを用いて青を基調にした装飾性豊かな門であり、現在ベルリンペルガモン博物館で復元展示されているほか、イラクでもレプリカが建設されているなど、古代バビロニアを象徴する建造物の一つとなっている。ネブカドネザル2世はこれらの建築に使われたレンガなどに自分の名前を刻印させており、バビロン市の整備に情熱を燃やした彼の名を現代に留めている。

またネブカドネザル2世に纏わる空中庭園伝説として、彼がバビロンの空中庭園を造営したというものがある。彼はメディア王アステュアゲスの兄妹で王妃のアミュティス英語版が、故郷を偲んで憂鬱な日々を送っていたのを慰めるためにザグロス山脈を模した(当然のことながら、バビロン地域(ヒッラ)をはじめとしてイラクは見渡す限りの起伏のない平野である)空中庭園を建造したのだという。これは非常に有名な説話であり、バビロンの空中庭園は古代の七不思議に数えられている。しかし、この伝説が史実であるという確認は出来ていない。一説には空中庭園があったのはバビロンではなく、アッシリアの首都ニネヴェであったとも言われている。バベルの塔のようにモデルとなった建造物があったのかどうかも現在の所ははっきりしていない。

後世の作品[編集]

  • ヴェルディのオペラ『ナブッコ』はイタリア語でネブカドネザルの意。ダニエル書を素材にネブカドネザル2世をタイトルロールとしている。

脚注[編集]

  1. ^ Schrader, Eberhard. 1888. The Cuneiform Inscriptions and the Old Testament. London: Williams and Norgate, p. 48 (footnote).
    (『楔形文字と旧約聖書』(エバーハード・シュレーダー(19~20世紀のドイツのオリエント学者)、ウィリアムズ・アンド・ノーゲート出版(英国)、1888年)p.48 脚注より)
  2. ^ Chicago Assyrian Dictionary sub Kudurru Ca5'
    (シカゴ大学『アッシリア事典』Kudururuの項より?)
  3. ^ Harper, R. F. quoted in Peet, Stephen Denison (editor). 1900. “Editorial Notes,” The American Antiquarian and Oriental Journal. New York: Doubleday, vol. XXII, May and June, p. 207.
    (『古文書・オリエント専門誌 第22巻(1900年1月~11月)』(著 ステファン・デニソン・ピート、ダブルデイ出版(米国ニューヨーク)、1900年)収録の5月・6月号分、p.207に収められているR.F.ハーパーの論説より)
  4. ^ Lamb, Harold. 1960. Cyrus the Great. New York: Doubleday, p. 104.
    (『キュロス大王』(ハロルド・ラム、ダブルデイ出版(米国ニューヨーク)、1960年)p.104より)

関連事項[編集]

先代:
ナボポラッサル
バビロニア王
112代
紀元前605年 - 紀元前562年
次代:
アメル・マルドゥク