ネブカドネザル2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ネブカドネザル2世
バビロニア
Nebukadnessar II.jpg
在位 紀元前605年 - 紀元前562年
出生 紀元前634年
死去 紀元前562年
配偶者 アミュティス英語版
子女 アメル・マルドゥク
ネルガル・シャレゼルの妻
王朝 カルデア朝
父親 ナボポラッサル
テンプレートを表示

ネブカドネザル2世Nebuchadnezzar II, 本来のアッカド語表記ではナブー・クドゥリ・ウスルNabû-kudurri-uṣur)、紀元前634年 - 紀元前562年)は新バビロニア王国の2代目の王である(在位:紀元前605年 - 紀元前562年)。アッカド語の名前「ナブー・クドゥリ・ウスル」は「ナブー神よ、私の最初の息子を守りたまえ」を意味する。マルドゥク神の息子ナブー神は、バビロニアにおける知恵の神である。

彼の名前はかつて誤って「ナブー神よ、クドゥル(Kudurru:国境の境界石)を守りたまえ」と翻訳された[1]。 だが、統治者の名前に組み入れられたとき、クドゥルは「最初の息子」または「最も年上の息子」の意味になる[2]。 碑文ではネブカドネザルは彼自身のことを「ナブー神に愛されし者にして寵臣」と称している[3] [4]。 彼はナボポラッサルの長男である。在位中、荒廃したバビロンの復興工事やエルサレムバビロン捕囚などを行った。聖書中の「ダニエル書」ほか各種の書に登場する。

来歴[編集]

ネブカドネザル2世は新バビロニア帝国の建国者ナボポラッサルの最も年上の子にしてかつ、彼の後継者である。彼は紀元前630年頃に生まれた。ネブカドネザル2世は旧約聖書の中に「ネブカドネツァル」として現れることでも知られる。バビロンは3世紀にわたり、同じメソポタミアの国家であるアッシリアへ従属し続けていたが、ナボポラッサルはバビロンをアッシリアから解放した。また、ナボポラッサルはメディアペルシアスキタイキンメリアとの同盟のもと、ニネヴェを滅ぼした。ベロッソスによれば、彼がバビロンの王になる数年前に、バビロン王朝と結ばれた(姻戚関係になった)らしい。バビロンのニトクリス女王が彼の妻だったとも、あるいは娘だったともいわれ、相反する記述が残されている。

ナボポラッサルは、当時、エジプトのネコ2世の勢力圏にあったシリア西部地域の古代アラム英語版新バビロニアのものにすることを決意。この目的を達成するため、彼は息子ネブカドネザルに大軍を与えると、西方へ派遣した。ネブカドネザルは紀元前607年から606年にかけて皇太子としてアッシリアに遠征し、ハランにあったアッシリアの残存勢力を攻撃。紀元前606年から605年にかけてそれを助けるべく出兵した大国エジプトの王ネコ2世率いるエジプト軍に撃退されると、父親に代わって軍の総裁となって軍を立て直し、カルケミシュ(現在のジュラーブルス)とハマトでエジプト軍を打ち破ってシリアの大半を制圧。シリア地方とフェニキアはバビロニアの支配下に入った(カルケミシュの戦い)。ところが、父王ナボポラッサルは紀元前605年8月15日に死去。ネブカドネザルは急きょバビロンへ帰還し、三週間で政権を握り、父の王位を継ぎバビロニア王となった。

バビロニア帝国の北方には強大なメディア国が展開していたが、メディア国王の娘アミュティス英語版とネブカドネザルの政略結婚が成立。2つの帝国の間に友好関係が確立された。

彼が王となってすぐ(紀元前601年)にエジプトはシリア地方とパレスチナへの介入を再開した。紀元前601年のエジプトへの侵入の試みは失敗に終わり、征服したシリア地方の諸王国において各地で反乱の火の手があがった。ネブカドネザルはすぐにこれらの反乱に対処し、エルサレム紀元前597年に占領。ユダ王国を属国とし、エホヤキン王を首都バビロンに連行した(第一回バビロン捕囚)。

紀元前595年、ネブカドネザルは東に転じてエラムを攻撃し、かつて全オリエントを征服して覇を唱えたアッシリア帝国の領域から、エジプトを除いたのとほぼ同じ領域を支配下に置いた。

紀元前589年にも再びエジプトがパレスチナ地方に侵入し、ユダ王国もこれに乗じて再び反乱を起こしたために紀元前587年に再びエルサレムを包囲した(エルサレム包囲戦英語版)。翌年、エルサレムは陥落。神殿とエルサレムは徹底的に破壊された。ユダ王国は属州イェハド英語版紀元前586年 - 紀元前539年)として併合された。その間に捕らえられた多くの捕虜は首都バビロンへ連行された(第二回バビロン捕囚)。このことは旧約聖書、『列王記』下24:8-25:5、『エレミヤ書』『歴代誌』にも記されている。同じく旧約聖書中の『ダニエル書』は彼によってバビロンへ連行されたユダヤ人たちの物語である。

エルサレムの破壊後、ネブカドネザルは地中海沿岸の都市テュロスに対して13年に及ぶ攻囲(紀元前586年~573年)を行ったが、完全な勝利を得ることはできず、テュロスがバビロニア帝国に服従することを条件に兵を引くことで決着した。[5] [6]

テュロスとの講和の後、ネブカドネザルは再びエジプトに向かった。大英博物館に収められている粘土板にはこう記されている。[7]「バビロンの王ネブカドネザルの治世第37年、王は、ミズレイム[8]に対して戦争を行った。エジプトのファラオ、アマシス(注:イアフメス2世)は[彼の軍隊を]集め、進軍してエジプトの領土外に軍を展開した。」

フェニキアの征服とエジプトへの遠征を終えた後、ネブカドネザルはバビロンの再建と装飾に着手した。また、彼は運河、水路、寺院、貯水池を整備した。

彼の治世の後半は史料が乏しい。旧約聖書には彼が発狂したと述べられているが、信憑性の程は分からない。バビロニアの言い伝えによると、ネブカドネザルはその晩年、カルデア王朝の破滅が迫っていることを予言したという(エウセビオスの『福音の備え英語版』第9章第41節で引用される、ベロッソスアビュデュノス英語版[9]の文章による)。 彼はその治世第43年目の第2の月から第6の月の間にバビロンで死に、アメル・マルドゥクが跡を継いだ。

年表[編集]

年(紀元前) 年齢(*) 出来事
634年頃 0 ネブカドネザルが生まれる
612年 22 ニネヴェの戦い/ニネヴェ陥落
610年 24 ハラン包囲戦/ハラン陥落(609年)
609年 25 メギドの戦い(エジプト軍対ユダ軍)
605年 29 カルケミシュの戦い/アッシリアの残党壊滅/ナボポラッサルが没し、ネブカドネザルがバビロニア王になる
597年 37 エルサレムにて第1回バビロン捕囚
595年 39 エラム攻略戦
587年 47 エルサレムにて第2回バビロン捕囚
586-573年 48~61 テュロス攻囲戦
573年 61 テュロスと和睦し、撤収
562年 72 ネブカドネザル、没する

(* 生年を紀元前634年として計算した場合の年齢)
(暫定的に作成した年表です。今後、精査の予定)

建築事業[編集]

ペルガモン博物館に復元展示されているイシュタル門
ネブカドネザル2世の円筒形碑文。バビロンにおける建設・再建事業について記されている。イラク、バビロン出土。大英博物館所蔵


彼はその治世の間に、バビロン市で大規模な建築事業を行ったことで知られている。ニネヴェが存在した最後の世紀、バビロンは壊滅的に破壊されていた。これは、センナケリブアッシュールバニパルによる破壊のみならず、バビロン市民による度重なる反乱にもよるものであった。ネブカドネザルは、父ナボポラッサルの事業を継承し、バビロンを世界屈指の都市によみがえらせることを目指した。

バビロンのマルドゥク神殿とジッグラトは大幅な改修が行われ規模が拡張された。バビロニアの数多くの守護神に献げるため、目を見張るほど壮大な新しい建築物が建てられた。ナボポラッサルによって始められた王宮の建設を完了させるため、「杉材、青銅、黄金、銀、希少かつ貴重な石」などの物資が惜しみなく費やされた。[10]ユーフラテス川に橋を通かけ、地下道を建設して両岸をつなぎ、市域が対岸にも拡張された。都市の周囲には三重の城壁を建設し、まさに難攻不落となったのである。ネブカドネザルはこれらの建築に使われたレンガなどに自分の名前を刻印させており、バビロン市の整備に情熱を燃やした彼の名を現代に留めている。ユーフラテス川に渡された橋は、とりわけ興味深い。橋は、アスファルトで覆われたレンガの橋脚により支えられているが、この橋脚は、上流側の圧力と下流側の乱流に抵抗するために流線型をしており、水流で土台が揺らぐことを防いでいる。

彼はまた、宮殿に通じる大通りを作り(行列道路)、バビロンに入るための8つの門のうちの1つである、「イシュタル門」を建設したとされる。[11]これは彩色レンガを用いて青を基調にした装飾性豊かな門であり、現在、ベルリンペルガモン博物館で復元展示されているほか、イラクでもレプリカが建設されているなど、古代バビロニアを象徴する建造物の一つとなっている。

ネブカドネザルの建設事業は首都に止まらなかった。彼は、シッパルの湖の再建やペルシア湾での開港、メディアの城壁の建設を行ったとされる。メディアの城壁とは、ティグリス川とユーフラテス川の間に築かれた城壁で、北方からの敵の侵入を防ぐためのものであった。これらの事業には、膨大な労働力を要した。マルドゥク神の大神殿の碑文の記述によれば、彼の公共事業に用いられた労働力は、西アジア各地から連れてこられた奴隷から成る可能性が極めて高い。

またネブカドネザル2世にまつわる伝説として、彼がバビロンの空中庭園を造営したというものがある。彼はメディア王アステュアゲスの兄妹で王妃のアミュティス英語版が、故郷を偲んで憂鬱な日々を送っていたのを慰めるためにザグロス山脈を模した空中庭園を建造したのだという(当然のことながら、バビロン地域(ヒッラ)をはじめとしてイラクは見渡す限りの起伏のない平野である)。これは非常に有名な説話であり、バビロンの空中庭園は古代の七不思議に数えられている。しかし、この伝説が史実であるという確認は出来ていない。空中庭園の建設については、アッシリアセンナケリブが首都ニネヴェに建設したのだとして異論を唱える学者もいる。[12][13]バベルの塔のようにモデルとなった建造物があったのかどうかについても、現時点では明らかではない。

後世の作品[編集]

ヴェルディのオペラ『ナブッコ』はイタリア語でネブカドネザルの意。ダニエル書を素材にネブカドネザル2世をタイトルロールとしている。

脚注[編集]

  1. ^ Schrader, Eberhard. 1888. The Cuneiform Inscriptions and the Old Testament. London: Williams and Norgate, p. 48 (footnote).
    (『楔形文字と旧約聖書』(エバーハード・シュレーダー(19~20世紀のドイツのオリエント学者)、ウィリアムズ・アンド・ノーゲート出版(英国)、1888年)p. 48 脚注)
  2. ^ Chicago's Assyrian Dictionary sub Kudurru Ca5'(シカゴ大学 『アッシリア事典』 Kudurru Ca5')
  3. ^ Harper, R. F. quoted in Peet, Stephen Denison (editor). 1900. “Editorial Notes,” The American Antiquarian and Oriental Journal. New York: Doubleday, vol. XXII, May and June, p. 207.
    (『古文書・オリエント専門誌 第22巻(1900年1月~11月)』(著 ステファン・デニソン・ピート、ダブルデイ出版(米国ニューヨーク)、1900年)収録の5月・6月号分、p. 207に収められているR.F.ハーパーの論説)
  4. ^ Lamb, Harold. 1960. Cyrus the Great. New York: Doubleday, p. 104.
    (『キュロス大王』(ハロルド・ラム、ダブルデイ出版(米国ニューヨーク)、1960年)p. 104)
  5. ^ Ronald F. Youngblood, F. F. Bruce, R. K. Harrison, ed. (2012). Unlock the Bible: Keys to Exploring the Culture and Times. Thomas Nelson. p. 347.
    (『聖書を解き明かす:文化と時代を探る鍵』 (編:ロナルド F ヤングブラッド、 F.F.ブルース、 R.K.ハリソン、 トーマス・ネルソン社(米国)、2012年) p.347より)
  6. ^ Allen, Leslie C. (2008). Jeremiah: A Commentary. Westminster John Knox Press. p.472.
    (『エレミヤ書 注解』(レスリー.C.アレン(フラー神学校(米国)旧約聖書主任教授)、ウェストミニスター・ジョン・ノックス出版(米国)、2008年)p.472より)
  7. ^ Elgood, Percival George. 1951. Later Dynasties of Egypt. Oxford: Basil Blackwell, p. 106.
    (『後期エジプトの王朝』(パーシバル・ジョージ・エルグッド、バジル・ブラックウェル書店(イギリス)、1951年)p.106より)
  8. ^ Mitzraim。バビロニアの文書において、エジプトを指す
  9. ^ 紀元前2~3世紀のギリシア人の歴史家?
  10. ^ Smith, William and Fuller, J.M. 1893. A Dictionary of the Bible: Comprising Its Antiquities, Biography, Geography, and Natural History. London: John Murray, vol. I, p. 314.
    『スミスの聖書事典 - 遺跡・伝記・地理・自然史』英語版(著:ウィリアム・スミス、J.M.フラー、ジョン・マレー出版(英国)、1893年)第1巻p.314より)
  11. ^ Foster, Karen Polinger (1998). Transformations of Middle Eastern Natural Environments: Legacies and Lessons. New Haven: Yale University. pp. 320-329. Retrieved 2007-08-11.
    (『中東の自然環境の変容:遺産と教訓』(カレン・ポリンガー・フォスター、イエール大学出版(米国)、1998年(2007年8月再版))p.320-329より)
  12. ^ Dalley, Stephanie, (2013) The Mystery of the Hanging Garden of Babylon: an elusive world Wonder traced, OUP.
    (『バビロンの空中庭園の謎:“世界の不思議”の謎を追う』(ステファニー・ダリー、オックスフォード大学出版 2013年))
  13. ^ Rollinger, Robert (2013). "Berossos and the Monuments". In Haubold, Johannes; et al. The World of Berossos. Harrassowitz. p. 155.
    (『ベロッソスの世界』(ヨハネス・ハボルド 他、ハラソヴィッツ出版(ドイツ)、2013年)に収録されている『ベロッソスと遺跡』(ロバート・ローリンジャー)p.155より)

関連事項[編集]

先代:
ナボポラッサル
バビロニア王
112代
紀元前605年 - 紀元前562年
次代:
アメル・マルドゥク