カルケミシュの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カルケミシュの戦い
戦争アッシリア帝国の戦争
年月日紀元前605年
場所カルケミシュ(トルコシリアの国境線上)
結果新バビロニア軍の勝利
交戦勢力
エジプト王国
アッシリア帝国軍残党
新バビロニア王国
メディア王国(?)

[1]

指導者・指揮官
ネコ2世 ネブカドネザル2世
戦力
40000 18000
損害
甚大 軽微

カルケミシュの戦い(カルケミシュのたたかい、英語: Battle of Carchemish)は、紀元前605年カルケミシュ(現在のトルコシリア国境)で起こった、エジプト王国アッシリア帝国亡命政権の同盟軍と、新バビロニア王国メディア王国スキタイの連合軍の間の戦いである。 [2] [3] [4] 新バビロニア連合軍が大勝し、エジプト王国は近東への足がかりを失った。

背景[編集]

紀元前612年にアッシリア帝国の首都ニネヴェがメディア、スキタイ、新バビロニア連合軍によって陥落すると(ニネヴェの戦い)、アッシリアはハッラーン (別名カルラエ、トルコ南部のシャンルウルファ県)に都を遷した。紀元前609年にハッラーンが連合軍によって占領されると、 [5] 今度はユーフラテス川沿いのカルケミシュに遷都した。もともとアッシリア帝国の属国だったエジプトは、新バビロニアと対抗するために、アッシリア王アッシュール・ウバリト2世と同盟を結んで 紀元前609年レバント地方に進出した。 [6]

前段(メギドの戦い)[編集]

新バビロニア軍を撃破するため、北上したファラオネコ2世率いるエジプト軍は、メギド(イスラエル北部)でユダ王国ヨシヤ王の軍に妨げられた。エジプト軍はユダ王国の領土を通過する必要があったが、ユダ王国軍はこれを領土侵犯として認めず開戦。エジプト軍の圧倒的な兵力の前に、ヨシヤ王は戦死した(メギドの戦い)。ヨシヤ王の遺体はエルサレムに運ばれ、ユダヤ王のしきたりに則ってダヴィデ王の墓の隣に埋葬された。エジプト・アッシリア同盟軍はユーフラテス川を渡ってハッラーンを包囲したが奪還は果たせず、アッシリア北西部に退いた。

戦闘[編集]

新バビロニア軍を率いていたのはナボポラッサルの息子ネブカドネザル2世だった。カルケミシュで激突した両軍だったが、エジプト・アッシリア軍は新バビロニア軍に撃破された。アッシリア帝国はこの敗戦で独立国家としては姿を消し、撤退したエジプト王国は古代オリエント世界で大国として再び浮上することはなかった。新バビロニア帝国は紀元前605年以後、経済的な絶頂期を迎える。 [7]

大英博物館収蔵のネブカドネザルの年代記は次のように記している。「ネブカドネザル王は川を渡り、カルケミシュに布陣したエジプト軍に向かっていった。彼らは互いに戦い、エジプト軍は逃げて行った。王は敵を打ち負かし、完膚なきまでに叩きのめした。バビロニア軍の剣先が届かないほど素早く戦場から逃げ去ったエジプト軍も、ハマトでバビロニア軍に敗れ、故郷に逃げ延びた者は一人もいなかった。これを以て、ネブカドネザル王はハマトの地を征服した」。 [8] カルケミシュの戦いについては旧約聖書エレミヤ書46:3-12でも触れられている。なお、歴代誌下35:20-24に記載されている戦闘は、カルケミシュの戦いではなく、その4年前に行われたメギドの戦いである。

記述の相違[編集]

しかしながら、フラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ古代誌』 [9] のほか、マシュー・ヘンリー [10] やヨハン・ピーター・ラング [11] などの様々なキリスト教関係の著述家によれば、史実としてネコ2世がアッシリア王と同盟関係にあったか、それとも敵対していたかは不明である。これらの文書においてはヨシヤ王の戦いを、アッシリア王を敵から救い出すための英雄的な行為と描いたり、あるいはヨシヤ王自らが敵により包囲されることを防ぐためのものだったとするなど、相反するものがあるからである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Encyclopedia Iranica "After the fall of Ḥarran, the strategic center of Assyrian resistance was moved to Carchemish, a city on the Upper Euphrates, which at that time belonged to Egypt. Carchemish was captured by the Babylonians in 605 BCE. It is not clear whether the Medes also participated in this final defeat of the Assyrians"
    (ハランの陥落後、アッシリアの戦略的抵抗拠点は、ユーフラテス河上流の都市カルケミシュに移った。当時、カルケミシュはエジプトに属していた。カルケミシュは紀元前605年にバビロニア軍によって占領されたが、アッシリアを滅亡させるこの戦闘にメディア軍が参加していたかどうかは、明らかではない。(イラン百科事典より))
  2. ^ Horn, Siegfried H (1967). "THE BABYLONIAN CHRONICLE AND THE ANCIENT CALENDAR OF THE KINGDOM OF JUDAH". Andrews University Seminary Studies (5/1967): 20. Retrieved 4 August 2014.
    (『バビロニア年代記とユダ王国の暦』(ジークフリード・H・ホーン、アンドリューズ大学神学研究誌(米国ミシガン州)1967年5月号)p.20より)
  3. ^ Wiseman, D. J. (1956). Chronicles of Chaldaean Kings (626-556 B.C.). British Museum: British Museum Publications, Ltd.. p. 99. 
    (『大英博物館収蔵の、カルデアの王たちの年代記:紀元前626年~紀元前556年』(ドナルド・J・ワイズマン、大英博物館出版、1956年)p.99より)
  4. ^ British Museum. "Cuneiform tablet with part of the Babylonian Chronicle (605-594 BC)". britishmuseum.org. Retrieved 4 August 2014.
    (『バビロニア年代記(紀元前605年~594年)の一部を含む楔形文字の粘土板』(大英博物館のウェブサイトに2014年に掲載されていたが、現在は削除されている)
  5. ^ Grant, R.G. (2005). Battle: A Visual Journey Through 5,000 Years of Combat. London: Dorling Kindersley. p. 18.
    (『戦闘 - 5000年にわたる戦いの歴史をビジュアルで見る』(著 R・G・グラント、ドーリング・キンダースリー出版(英国)、2005年)p.18より)
    (邦題『戦争の世界史 大図鑑』(監修:樺山 紘一、翻訳:マーリンアームズ、河出書房新社、2008年)
  6. ^ Georges Roux, Ancient Iraq
    『古代イラク』(ジョルジュ・ルー、ペンギンブックス(英国)、1993年)
  7. ^ King, Philip J., 1993 Jeremiah: An Archaeological Companion, Westminster/John Knox Press p.22 [1]
    (『エレミヤ:考古学の手引』(フィリップ・J・キング、ウエストミニスター・ジョン・ノックス出版(米国)、1993年)p.22より)
  8. ^ Chronicle Concerning the Early Years of Nebuchadnezzar II. Retrieved July 18, 2010.
    (『ネブカドネザル2世の治世初期に関する年代記』粘土板番号 ABC 5)
  9. ^ "Flavius Josephus, Antiquities of the Jews, Book 10, Whiston chapter 5, Whiston section 1". www.perseus.tufts.edu. Retrieved 2017-12-07.
    (『ユダヤ古代誌』(フラウィウス・ヨセフス)第10巻第5章第1節より(章・節番号はウィリアム・ウィストンによる))
  10. ^ 16~17世紀イギリスの司祭・著述家。
    "2 Kings 23 Commentary - Matthew Henry Commentary on the Whole Bible (Complete)". Bible Study Tools. Retrieved 2017-12-07.
    (『マシュー・ヘンリー注解書』の「列王記下第23章注解」より)
  11. ^ 19世紀ドイツの神学者
    "2 Kings 22 Lange Commentary on the Holy Scriptures". www.biblehub.com. Retrieved 2017-12-07.
    (『ラング聖書注解書』の「列王記下第22章注解」より)