アッシュール・ウバリト2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アッシュール・ウバリト2世Ashur uballit、在位:紀元前612年紀元前609年)は新アッシリア王国時代のアッシリア最後のである。

来歴[編集]

紀元前612年新バビロニアナボポラッサルメディアキュアクサレス2世がアッシリアを攻撃し、前王シン・シャル・イシュクンは敗死しアッシリアの首都ニネヴェが陥落した(ニネヴェの戦い英語版)。アッシュール・ウバリト2世を含めかなりの数のアッシリア人はニネヴェを脱出しハランへと逃れてアッシリア王国を継続した。

アッシュール・ウバリト2世は王族として生まれたのは明らかであるが、前王シン・シャル・イシュクンとの関係は不明瞭である。

彼はエジプトネコ2世と同盟を結び、新バビロニアのネブカドネザル2世と戦った。

紀元前609年にハランは新バビロニア軍に包囲され陥落し(ハッラーン陥落英語版)、アッシュール・ウバリト2世も恐らくこの時死亡した。同年、エジプト軍は新バビロニアと縁戚関係を結んでいたユダ王国を攻略し(メギドの戦い)、アッシリアの救援に向かったが、紀元前605年にカルケミシュの戦い英語版でエジプト軍も敗走した。

先代:
シン・シャル・イシュクン
新アッシリア王
前612年 - 前609年
次代:
滅亡