アメル・マルドゥク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アメル・マルドゥク(Amel-Marduk。アッカド語ではAmēl-MardukまたはAmil-Mardukただし発音はAwēl-MardukまたはAwîl-Marduk。「マルドゥク神の男」の意。聖書ではאֱוִיל מְרֹדַךְ ʔĕwîl-mĕrodak。エヴィル・メロダク(Evil-Merodach)という名で登場する)は、新バビロニアの第3代王。[1][2]父であるネブカドネザル2世の後を継いで王となった。

生涯[編集]

彼の名前及び治世の長さは「ウルクの王名表」及び「プトレマイオスの王名表英語版」に記されている。しかしながら、現存している楔形文字の文書で、彼の生涯及び業績について記しているものは何も無い。[1]ベロッソスによれば、彼はネルガル・シャレゼルの企みにより謀殺されたとされている。[3]ネルガル・シャレゼルは彼の後継者にして義兄弟である。ベロッソスはまた、彼は公務を違法・不純な方法で執り行った、とも記している。これはおそらく、ネブカドネザルの政策に対する改革など[4]、祭司階級を激怒させる行為を示唆しているものと思われる。[5]

そのような改革の1つが聖書に記録されている[6]。そこでは、エビル・メロダクが37年間の捕囚の後、ユダの王ヨヤキンを出獄させたことが記されている。その後のユダヤ教とキリスト教の文書では、聖書の記述を拡大している。フラウィウス・ヨセフスとラビ・ナタン(Avot of Rabbi Natan)は、アメル・マルドゥク王が彼の父(ネブカドネザル2世)の死後にヨヤキンを解放したのは、父が理由も無く彼を拘束したと信じたためだとしている。

アメル・マルドゥクの治世はわずか2年間だったらしい(前562 - 前560)。最後は、義弟のネルガル・シャレゼル(ネリグリッサル)に暗殺され、彼が王位に就いた。

脚注[編集]

  1. ^ a b Sack, R.H. Evil-Merodach in Freedman, et al. (1992). Anchor Bible Dictionary, vol. 2, New York: Doubleday.
  2. ^ Me'moires de la mission archeologique de Susiane, by V. Scheil, Paris 1913, vol XIV
  3. ^ (『アピオーンへの反論』(フラウィウス・ヨセフス)1.20)
  4. ^ Oded, B. Evil-Merodach in Skolnik, F., & Berenbaum, M. (2007). Encyclopaedia Judaica, vol. 6, Detroit: Macmillan Reference USA in association with the Keter Pub. House.
  5. ^ Hirsch, E.G. et al. Evil-Merodach in Singer, Isidore; Adler, Cyrus; (eds.) et al. (1901–1906) The Jewish Encyclopedia. Funk and Wagnalls, New York. LCCN 16-014703
  6. ^ 列王記下第25章第27節、エレミヤ書第52章第31節
先代:
ネブカドネザル2世
バビロニア王
113代
紀元前562年 - 紀元前560年
次代:
ネルガル・シャレゼル