ニワトコ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニワトコ属
Sambucus sieboldiana 5.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: マツムシソウ目 Dipsacales
: レンプクソウ科 Adoxaceae
: ニワトコ属 Sambucus
学名
Sambucus L.
英名
Elder berries

The Plant List(Accepted)より

ニワトコ属(ニワトコぞく、学名:Sambucus、和名漢字表記:庭常属、接骨木属)はニワトコなどを含むの一つ。クロンキスト体系までスイカズラ科に属していたが、新しい分類体系であるAPG植物分類体系ではレンプクソウ科に移されている[1]

特徴[編集]

落葉小高木低木または多年草に皮目があり、中に太いがある。は対生し、奇数羽状複葉で小葉の縁に鋸歯がある。は両性で小型、放射相称、枝先に集散状散房花序か円錐花序に多数つく。花冠は車状に(3-)5深裂する。雄蘂は(3-)5個。子房は半下位で3-5室。果実は液果状の核果となる。

世界に約25種が知られる。その多くが北半球の温帯から熱帯にかけて分布し、オーストラリア、タスマニア、南アメリカにも分布が及ぶ。日本には2種が生育する。

主な種[編集]

日本の種[編集]

栽培種、外国の種[編集]

ギャラリー[編集]

利用[編集]

欧米では果実が赤いセイヨウアカミニワトコ (European red elder)、果実が黒いアメリカニワトコ (American elder)、セイヨウニワトコ (Black elder) などを利用し、果実を果実酒やジャムにしたり、花序を解熱・鎮痛等の薬用にしたりする。花序とショ糖柑橘類などで煮詰めて作ったコーディアルは、イギリスオーストラリアエルダーフラワーコーディアルElderflower cordial)と呼ばれ、カルピスのように、水で薄めて飲用される。また、カルピスウォーターのように薄めずに飲めるエルダーフラワー (Elderflower) と呼ばれているレモネードタイプもある。またオーストリア、ドイツなどではホルンダーブルューテン (Holunderblüten) と呼ばれ、水や炭酸水で割って一般に広く飲用されている。

窒素に富んだ土壌を好み、古代の人間の居住区跡や、ニワトコの群生地からウサギの残骸が出土することが多い。このため、古代の人々は、ウサギはニワトコを日よけ代わりに利用していて、それゆえニワトコの生えている場所を好むと推量していた。

伝承[編集]

人々の生活と密接な関係があるニワトコには、多くの伝説が生まれた。ユダはニワトコの木(セイヨウハナズオウであるとも言う)で首を吊ったと言われる。ニワトコの木の根元に生えるキノコは、首を吊ったユダの呪いが具現化したものだと畏怖され、「ユダの耳茸」と呼ばれた。また、ニワトコを素材に作ったゆりかごで赤ん坊を寝かせると、ニワトコに生気を吸い取られる、ニワトコの枝で子供を叩くと成長が止まってしまう、ニワトコの木で家を建てると、怪奇現象に見舞われるなど、ニワトコにまつわる不吉な風聞は、枚挙に暇がない。

1997年の刊行と同時に世界的なベストセラーとなったファンタジー小説「ハリー・ポッターシリーズ」の作中では、死の秘宝のひとつである最強の杖の材料として選ばれている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 河原孝行 「APG に基づく植物の新しい分類体系」 『森林遺伝育種』 3巻1号、15-22頁、2014年1月25日。doi:10.32135/fgtb.3.1_15ISSN 2187-3453NAID 130007872795https://doi.org/10.32135/fgtb.3.1_152020年11月13日閲覧 
  2. ^ The Plant List Sambucus chinensis
  3. ^ The Plant List Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana

参考文献[編集]

外部リンク[編集]