ニテロイ級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニテロイ級フリゲート
「コンスティトゥイサン」(モッドフラッグ改修前の汎用型)
「コンスティトゥイサン」(モッドフラッグ改修前の汎用型)
基本情報
種別 フリゲート
運用者  ブラジル海軍
建造期間 1972年 - 1986年
就役期間 1976年 - 現在
同型艦 6隻(+準同型艦の練習艦1隻)
前級 旧米ギアリング級
次級 グリーニャウイ級 (旧英22型)
要目
基準排水量 3,200トン (新造時)
3,355トン (モッドフラッグ改修後)
満載排水量 3,800トン (新造時)
3,707トン (モッドフラッグ改修後)
全長 129.2m
最大幅 13.5m
吃水 4.2 m(ソナー部 5.9 m)
機関方式 CODOG方式
主機MTU 16V956 TB91
 ディーゼルエンジン×4基
TM3Bガスタービンエンジン×2基
推進器 可変ピッチ・プロペラ×2軸
出力 18,000 bhp (ディーゼル)
56,000 shp (ガスタービン)
最大速力 30.5ノット
航続距離 5,300海里 (17kt巡航時)
乗員 217名(士官22名、水兵・下士官195名)
搭載機 リンクス哨戒ヘリコプター×1機
テンプレートを表示

ニテロイ級フリゲートポルトガル語: Fragata Classe Niterói)は、ブラジル海軍フリゲートの艦級。イギリスヴォスパー・ソーニクロフト社のMk.10フリゲートの設計を採用している[1][2][3][4]

設計[編集]

ヴォスパー社 (Vosper & Company時代より、Mk.5(イラン海軍サーム級)やMk.7(リビア海軍ダット・アサワリ)といったガスタービン搭載の高速フリゲートが開発されてきた。本型は、これらより更に大型で汎用性に優れたフリゲートとして設計された[5]。艦の大きさとしてはイギリス海軍42型駆逐艦に匹敵するが、乗員数は100名以上少ない[2]。隠顕式のフィンスタビライザーが設置されている[3][4]

主機としては、V型16気筒MTU 16V956 TB91ディーゼルエンジン4基とロールス・ロイス オリンパスTM3Bガスタービンエンジン2基をCODOG方式で組み合わせて、エッシャーウイス社製の可変ピッチ・プロペラ2軸を駆動する方式とされた。ディーゼルエンジン4基で19ノット、2基でも17ノットでの巡航が可能とされる[3]。また電源としては、出力1,000キロワットのディーゼル主発電機4基と出力500キロワットの非常発電機1基を搭載した[1][4]

装備[編集]

竣工時[編集]

竣工当初、全艦がフェランティFM1600B電子計算機を使用するCAAIS戦術情報処理装置を備えていた。レーダーとしては、対空捜索用にプレッシー社製のAWS-2、対水上捜索用にHSA社製のZW-06を搭載した。また電波探知装置(ESM)としてはデッカ社製のRDLが搭載された[1]ソナーとしては、EDO-610Eを搭載したほか、対潜艦型ではEDO-700E可変深度ソナーを搭載している[1][2][3][4]

当初、武器システムには、対潜艦型と汎用艦型の2つのバリエーションがあった。対潜艦型では、対潜兵器として、艦尾甲板にアイカラ英語版[注 1]対潜ミサイルの単装発射機、艦中部両舷に324mm3連装短魚雷発射管(STWS-1)、艦橋直前に375mm2連装対潜ロケット砲を搭載した[1][2]

艦砲として、船首楼甲板に55口径114mm単装速射砲を搭載したほか、艦橋後方両舷に70口径40mm単装機銃を1基ずつ備えた。火器管制レーダーとしては、艦橋上と煙突直後にRTN-10Xを1基ずつ備えた。また艦中部両舷には、シーキャット個艦防空ミサイルの3連装発射機を設置した[1][2]

汎用艦型ではアイカラ対潜ミサイルをもたないかわり、船首楼甲板後端部にエグゾセMM38艦対艦ミサイルの連装発射筒2基、また艦尾甲板に2基目の55口径114mm単装速射砲および爆雷投下軌条を追加装備した[2]。また対潜艦型でも、1986年の発注に基づき、エグゾセMM40の連装発射筒2基が搭載された[1]

改修後[編集]

1995年3月に発注されたモッドフラッグ(ModFrag)改修により、装備の更新・斉一化が図られた。戦術情報処理装置はSICONTA-IIに更新された。これはフランス海軍SENIT-8の派生型であった[4]。リンクYBによる戦術データ・リンクに対応している。またWSA-401武器管制システムと連接された[3]。対空捜索レーダーはAESN社製のRAN-20S、対水上捜索レーダーはテルマ社製のスキャンターMiP、ESMもラカル社製のカトラスB-1Bに更新された。また通常航海用として、古野電気のFR-1942 Mk.2も搭載された[3][4]

汎用艦型でもエグゾセがMM40に更新されたほか、対潜艦型のアイカラ対潜ミサイルは撤去された。またシーキャット個艦防空ミサイルも撤去され、かわって艦尾甲板にアルバトロスの8連装発射機が設置された。艦砲は、全艦が114mm砲1基装備に統一されたほか、高角機銃はシー・トリニティMk.3にアップデートされ、火器管制レーダーもRTN-30Xに更新された[3][4]

装備要目[編集]

新造時、対潜型
※F-40、F-41、F-44、F-45
新造時、汎用型
※F-42、F-43
モッドフラッグ改修後
武装 55口径114mm単装速射砲×1基 55口径114mm単装速射砲×2基 55口径114mm単装速射砲×1基
70口径40mm単装機銃×3基 70口径40mm単装機銃×2基 シー・トリニティMk.3 40mmCIWS×2基
シーキャット短SAM 3連装発射機×2基 アルバトロス短SAM 8連装発射機×1基
アイカラ英語版 SUM発射機 エグゾセMM38 SSM単装発射機×4基 エグゾセMM40 SSM 2連装発射機×2基
375mm2連装対潜ロケット砲×1基
324mm3連装短魚雷発射管×2基
Mk.46 短魚雷
C4I CAAIS SICONTA Mk.2
レーダー AWS-2 対空捜索用 RAN-20S 対空・対水上捜索用
ZW-06 対水上捜索用 スキャンター 対水上捜索用
古野電気FR−1942 航法用
FCS RTN-10X 射撃指揮レーダー×2基 RTN-30X 射撃指揮レーダー×2基
サーブEOS-400 光学照準器
ソナー EDO 601E 艦底装備式 EDO 997(F) 艦底装備式
EDO 700E 可変深度式 EDO 700E 可変深度式
電子戦 RDN-2/3 電波探知装置 ラカル・カトラスB1W 電波探知装置
ET/SLQ-2X 電波妨害装置
FH-5短波方向探知機
プレッシー・シールド
6連装チャフフレア発射機×2基
IPqM/エレブラ MDLS
12連装チャフ・フレア発射機×4基

同型艦[編集]

# 艦名 造船所 起工 就役 用途
F-40 ニテロイ
BNS Niterói
ヴォスパー・ソーニクロフト 1972年6月8日 1976年11月20日 対潜
F-41 デフェンソーラ
BNS Defensora
1975年3月27日 1977年3月5日
F-42 コンスティトゥイサン
BNS Constituição
1976年4月15日 1978年3月31日 汎用
F-43 リベラウ
BNS Liberal
1976年4月15日 1978年3月31日
F-44 インデペンデンシア
BNS Independência
リオデジャネイロ海軍工廠ポルトガル語版 1974年9月2日 1979年9月3日 対潜
F-45 ウニアン
BNS União
1975年3月14日 1980年9月17日

また、主機や装備を簡素化した練習艦型として「ブラジルポルトガル語版」も建造されている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ブラジル軍ではブラニク(Branik)と呼称された[1][2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Prezelin 1990, pp. 39-40.
  2. ^ a b c d e f g Gardiner 1996, pp. 29-32.
  3. ^ a b c d e f g Saunders 2009, p. 75.
  4. ^ a b c d e f g Wertheim 2013, pp. 56-57.
  5. ^ Friedman 2012, pp. 196-217.

参考文献[編集]

関連項目[編集]