ニコラウス・エステルハージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコラウス・エステルハージ

ニコラウス・エステルハージ(Nikolaus Fürst von Esterházy、ハンガリー語: Eszterházy Miklós エステルハージ・ミクローシュ1765年9月12日 - 1833年11月25日)は、オーストリア元帥ニコラウス・ヨーゼフ・エステルハージの孫であり、祖父をニコラウス1世と称するのに対してニコラウス2世とも呼ばれる。

1783年、リヒテンシュタイン侯フランツ・ヨーゼフ1世の娘マリア・ヨーゼファと結婚し、後継者のパウル(3世)・アントン(1786年 - 1866年)らをもうけた。

父のアントンが1794年に没すると、エステルハージ侯爵を襲位した。ニコラウスは解散された楽団を再建しようとし、ロンドン滞在中のフランツ・ヨーゼフ・ハイドンに手紙を書いて再び楽長に就任するように依頼した。ロンドンから戻ったハイドンは楽長に就任した。祖父と異なってニコラウス2世は冬の間はウィーンに滞在することを好んだため、ハイドンはほとんどウィーンを離れずにすんだ。しかし音楽の趣味はかなりかたよっていて、古い時代の宗教音楽を好んでいた。新しい主人の好みに合わせ、晩年のハイドンは6曲のミサ曲を作曲した[1]。1804年には老齢のハイドンにかわってフンメルがコンサートマスター(のちに楽長)に就任した。フンメルもまたミサ曲を作曲した。ベートーヴェンにもミサ曲の作曲を依頼し、ミサ曲 ハ長調(1807年)が作曲されたが、ニコラウス2世の気には入らなかった。

1809年ナポレオン1世からハンガリー王位を提供されたが拒否、ハプスブルク家を支持した。

美術品を多く集め、これは1871年にハンガリーの国有財産となった。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年、144-147頁。ISBN 4276220025

関連項目[編集]