マリア・ヨーゼファ・フォン・リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エステルハージ・デ・ガランタ侯爵夫人マリア・ヨーゼファ・ヘルメンギルデ、エリザベート・ヴィジェ=ルブラン画、1793年

マリア・ヨーゼファ・ヘルメンギルデ・フォン・ウント・ツー・リヒテンシュタインMaria Josepha Hermengilde von und zu Liechtenstein, 1768年4月13日 ウィーン - 1845年8月8日 ヒュッテルドルフ)は、リヒテンシュタイン家の侯女で、ハンガリー貴族のエステルハージ・デ・ガランタニコラウス(2世)の妻。

リヒテンシュタイン侯フランツ・ヨーゼフ1世とその妻レオポルディーネ・フォン・シュテルンベルクの間の末娘として生まれた。1783年9月15日にウィーンにおいて、エステルハージ家の嗣子であるニコラウス(2世)と結婚した。夫は1809年のヴァグラムの戦いの直後、フランス皇帝ナポレオン1世からハンガリー王位に就くよう打診されたが、ハプスブルク家に対する忠誠を守ってこの申し出を拒否した。

マリア・ヨーゼファ・ヘルメンギルデ、フリードリヒ・エーレンハインツ画、1776年

マリア・ヨーゼファ・ヘルメンギルデは夫とともに文芸の庇護者として知られ、特に作曲家フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのパトロンとして有名だった。侯妃は1796年から1802年にかけての6年間、ハイドンに自分の聖名祝日(9月8日の聖母誕生祭)のためのミサ曲を毎年1曲ずつ作らせた。ミサ曲第7番/戦時のミサ(Missa in tempore belli 1796年)、第8番/オフィダの聖ベルナルトの讃美のミサ(Heiligmesse 1796年)、第9番/ネルソン・ミサ(Missa in angustiis 1797年)、第10番/テレジア・ミサ(Theresienmesse 1798年)、第11番/天地創造のミサ(Schöpfungsmesse 1801年)、第12番/ハルモニー・ミサ(Harmoniemesse 1802年)の6曲である。

子女[編集]

外部リンク[編集]