ナニー (イギリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ナニー (nanny) とは、特にイギリスで母親に代わって子育てをする女性のことで一時的なベビーシッターとは違う。

歴史[編集]

英語では、乳を与えるのをWet Nurse、子育てをするのをDry Nurse (Nanny) と区別する。前者がオシメなどを扱うからとされる。ナニーと一般的に呼ばれるようになったのは1920年代とされる[1]

ナニーは子どもたちと一緒に子ども部屋で寝起きをし、洗顔から朝食など一日中面倒をみる。テーブルマナーから口のきき方、身のこなし、部屋の後片付けの面倒などをみる。子どもに家庭教師がつけられるか、学校に行くようになるまでの重要な時期に子育てをする[2]

イギリスの金持ちの子どもの世話をするのはナニーとガヴァネスに分けられる。ナニーの後にガヴァネスがつけられる。ナニーはupper servantとして使用人の一人と見なされることがあるが、ガヴァネスはservantとは見なされず、苗字と称号で呼ばれ、食事も使用人とは別だった。ガヴァネスがアッパー・ミドル・クラスやアッパー・クラスなのに、ナニーはワーキング・クラス、あるいはロウアー・ミドル・クラスの出身者が多い[3]。制度的にはナニーは古い時代のものとなっている。

日本では『メリー・ポピンズ』で仕事内容が知られていたが、21世紀になってからテレビ番組『世界まる見え!テレビ特捜部』などでイギリスのテレビ番組『ナニー911』などが紹介され、「ナニー」という言葉が広く知られるようになった。

現在でも日本ではベビーシッター家政婦の認識が高く「お金持ちが雇う存在」であるが、アメリカではティーンエイジャーのバイトとして日雇いの定番である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ウェブスター英語辞典などでは幼児語だろうと記述している。
  2. ^ 新井潤美『不機嫌なメアリー・ポピンズ』pp76-95。
  3. ^ 新井潤美『不機嫌なメアリー・ポピンズ』pp58-75。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]