ドント・エクスプレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドント・エクスプレイン(Don't Explain)はジャズ・シンガービリー・ホリデイとアーサー・ヘルツォーク・ジュニアが1944年に書いた曲。1946年にデッカ・レコードから78回転シングルで発売された。B面はWhat Is This Thing Called Love?。[1]

ジャック・ケルアックの『オン・ザ・ロード』の2012年の映画(ウォルター・サレス監督)で歌われた。

概要[編集]

夫ジミー・モンローが服の襟に口紅をつけて家に帰ってき、詰問したらベラベラ言い訳し始めたのにウンザリして書いた曲だと、ビリーの自伝にある。ただし、この自伝にはゴーストライターの手がかなり入っているとされる。[2]

レコーディング·セッション[編集]

セッション#52:ニューヨーク、1944年11月8日、デッカ

トゥーツ・カマラータとラス・ケース(トランペット)、ジャック・クレッシー(アルトサックス)、ラリー・ソービニヨンとデイブ・ハリス(テナーサックス)、デイヴ・ボウマン(と彼のオーケストラ、ピアノ)、カール・クレス(ギター)、ヘイグ・スティーブンス(ベース)、ジョージ・ウェットリング(ドラム)、ビリー・ホリデイ(ボ ​​ーカル)[3]

注目すべきカバーバージョン[編集]

参照[編集]

  1. ^ Jacobs, Dick & Harriet. Who Wrote That Song?, Writers Digest Books (1994), page 57 - ISBN 0-89879-639-3
  2. ^ Alagna, Magdalena. Billie Holiday, The Rosen Publishing Group (2003), page 61 - ISBN 0-8239-3640-6
  3. ^ Billie Holiday Songs
  4. ^ All Music: Don't Explain Artist List

外部リンク[編集]