ダミアン・ライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダミアン・ライス

ダミアン・ライスDamien Rice1973年12月7日 - )はアイルランドフォークシンガー

経歴[編集]

ダブリンの郊外で生まれ、キルデア州セルブリッジで育った。

ジュニパー英語版というロックバンドを結成、ヴォーカルとソングライティングを担当していた。ジュニパーは1997年にポリグラム・レコードとの契約を得るが、ライスはシングル2作のリリース後に脱退[1]。1999年、トスカーナに移住し、ヨーロッパ中をアコースティック・ギターを演奏して歌いながら、ストリート・パフォーマンスをして廻った。1年後にダブリンに戻った彼は、借りられるだけのお金を借りて、デモを記録。ビョークなどのプロデューサーで映画作曲家のデヴィッド・アーノルドにそのデモを送った。デモを気に入ったアーノルドは、ロンドンで"The Blower's Daughter"をレコーディングするよう提案したが、ライスは自宅でのレコーディングにこだわったため[2]、ライスの移動式スタジオの設置を援助した[1]。そして、ライスは8トラック・レコーダーでデビュー・アルバム『O』を完成させ[2]、2002年2月にリリース。このアルバムはアイルランドのアルバム・チャートで2位となり[3]、後にイギリス(最高8位[4])、アメリカ(最高114位[5])などの国でもチャート入りした。その後、トーリ・エイモスのアルバム『ビーキーパー』(2005年)収録曲「ザ・パワー・オブ・オレンジ・ニッカーズ」をエイモスとデュエットした[6]

2008年にレナード・コーエンのダブリン公演でオープニング・アクトを務めるが、それ以後ライヴ活動を停止する[1]。2011年、『Q』誌の企画によるU2のトリビュート・アルバム『AHK-toong BAY-bi Covered』に「ワン」のカヴァーを提供した[7]。2014年にはライヴ活動を再開し、同年に8年ぶりのアルバム『マイ・フェイヴァリット・フェイデッド・ファンタジー』をリリースした[1]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

1st 2002年2月1日 O アイルランドでプラチナム、UKでゴールドを獲得。
2nd 2006年11月3日 9 全英初登場4位、全米22位、アイルランド1位
3rd 2014年10月31日 My Favourite Faded Fantasy アイルランド1位

日本公演[編集]

FUJI ROCK FESTIVAL 07に出演のため初来日する予定だったが、急病(という名目だが、後述の日本の捕鯨への反発のため)を理由にキャンセルした。突然の発表だったため、開催場で知ったファンも多かった。

エピソード[編集]

反捕鯨派であることが知られている。 FUJI ROCK FESTIVAL 07の出演をキャンセルした際、パンフレットにダミアン直筆の"Don't kill my brother & sister"というメッセージがクジラのイラストと共に掲載された。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Wilson, MacKenzie. “Damian Rice - Biography & History”. AllMusic. 2015年12月14日閲覧。
  2. ^ a b Block, Melissa. “Irish Troubadour Damien Rice”. NPR. 2015年12月14日閲覧。
  3. ^ irish-charts.com - Discography Damien Rice
  4. ^ DAMIEN RICE | full Official Chart History | Official Chart Company
  5. ^ Damien Rice | Awards | AllMusic
  6. ^ Walters, Barry (2005年2月24日). “Tori Amos The Beekeeper Album Review”. Rolling Stone. 2015年12月14日閲覧。
  7. ^ Damien Rice Covers U2's "One"”. Stereogum. SpinMedia (2011年10月14日). 2015年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]