トモカヅキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トモカヅキは、三重県鳥羽市志摩市に伝わる、妖怪である。

概要[ソースを編集]

トモカヅキとは、「同一の潜水者」の意味で、「かづく」(潜く)とは「潜水すること」「潜水して、魚介類を採取すること」を意味する古語であり方言である[1]

トモカヅキは、海人などの海に潜る者にそっくりに化けるという。つまり、海には自分一人だけのはずなのに、自分そっくりの身なりの人がいるということになる。この妖怪に遭遇するのは曇天の日といわれる[2]。ほかの海女と違って、鉢巻尻尾を長く伸ばしているのでトモカヅキだとわかるともいう[2]。⇒ ドッペルゲンガー

トモカヅキは、人を暗い場所へと誘ったり、アワビを差し出したりする。この誘いに乗ってしまうと、が奪われると恐れられている。このときには後ろ手にしてアワビを貰えば良いという[2]。しかし、その言い伝えを聞いていた海女がトモカヅキに遭い、その通りにしたところ、トモカヅキに蚊帳のようなものを被せられて苦しみ出し、無我夢中で持っていたでこの蚊帳状のものを破って助かったという話もある[3]

トモカヅキを避ける魔除け、セーマンドーマン

トモカヅキに遭った海女はそれ以降、ほとんど海に潜る仕事はしない。それどころか、その話を聞いただけの近隣の村の海女ですら、日待ちといって2,3日は海に潜らないほど、海女たちはトモカヅキを恐れたという[4]

海女たちはこの怪異から逃れるため、五芒星格子の模様を描いた「セーマンドーマン」または「ドーマンセーマン」と呼ばれる魔除けを描いた服、手ぬぐいを身につける。陰陽道で知られる安倍晴明蘆屋道満に由来するともいわれるものだが、トモカヅキとの関連性はよくわかっていない[5]

海女の亡霊説[ソースを編集]

海女の亡霊ともいわれるが[3]、実際には過酷な長時間の海中作業による譫妄ではないかとも言われている[4][5]なお、「カヅキ」とは「海人」のことである[要出典]

静岡県賀茂郡南崎村(現・南伊豆町)でも同様の怪異があったといい、ある海女がこれに遭遇し、海面に上がって船上の夫にそのことを言うと「バカなことを言うな」と言われてまた潜らされ、そのまま死んでしまったという話もある[6]

類話[ソースを編集]

福井県坂井郡雄島村安島(現・坂井市)の海では、このトモカヅキに似た後ろ鉢巻姿の妖怪を海海女(うみあま)と呼び、潜水業を行なう海女に目撃されている。海女が海の底へ潜って行くと妖怪の方は海上へと上がって行き、逆に海女が海上へと上がって行くと今度は妖怪の方が潜って行くため、その姿をはっきりと捉えることはできない。海女が大勢で作業を行なっている際には現れることはなく、単独作業を行なっているときのみ現れるという。また、この妖怪を目にすると病気に見舞われてしまうともいわれている[6]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ かずく【潜く】デジタル大辞泉小学館 / goo辞書、2011年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c 大藤他 1955, p. 1063
  3. ^ a b 松谷 2003, pp. 213-214
  4. ^ a b 千葉 1991, pp. 30-31
  5. ^ a b 宮本他 2007, p. 70
  6. ^ a b 今野 2004, p. 76

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]