今野圓輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今野 圓輔(こんの えんすけ、本名・圓助、1914年8月10日 - 1982年7月31日)は、日本民俗学者、毎日新聞社員。

来歴[編集]

福島県出身。1941年慶應義塾大学文学部国文学科卒業。佐藤信彦折口信夫から民俗学の薫陶を受けるとともに、柳田國男に師事。毎日新聞に勤務しつつ、日本民俗学会評議員などを歴任。[1]1947年民俗学研究所(財団法人民俗学研究所)設立の際に牧田茂直江広治らと共に実務面で尽力した。[2]

著書[編集]

  • 馬娘婚姻譚―オシラ様信仰の周辺(1956年)(民俗民芸双書)
  • 怪談―民俗学の立場から(1957年)(現代教養文庫 175)
  • 現代の迷信(1961年)(現代教養文庫 355)
  • 日本怪談集 幽霊篇 (1969年)(現代教養文庫 666)
  • 日本怪談集 妖怪篇(1981年)(現代教養文庫 1055)
  • 幽霊のはなし(1972年)(ポプラ・ブックス 25)
  • 柳田國男随行記 (1983年)(秋山叢書)

参考文献[編集]

  • 日本民俗誌大系〈第9巻〉東北(1974年)角川書店
  • 柳田國男随行記 今野圓助(1983年)秋山書店

脚注[編集]

  1. ^ 『柳田國男随行記』など
  2. ^ 鎌田久子「蓑笠―さゝやかな歴史―」(『鎌田久子先生古稀記念論文集 民俗的世界の研究―かみ・ほとけ・むら―』1996年 慶友社 16ページ)