デーヴィッド・ロイド=ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デーヴィッド・ロイド=ジョーンズDavid Lloyd-Jones, 1934年11月19日 - )はイギリス指揮者イギリス音楽のほか、ロシア音楽・文化にも精通しており、ロシア歌劇の楽譜の校訂や編纂、台詞の翻訳もおこなっている。

オックスフォード大学モードリン・カレッジで学び、1961年ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団を振って指揮者デビューを果たした。その後ロイヤル・オペラ・ハウスコレペティトールなどを経て1972年イングリッシュ・ナショナル・オペラの副音楽監督となり、プロコフィエフのオペラ《戦争と平和》イギリス初演を行うなど、広範なレパートリーを取り入れた。

1978年、英国芸術審議会の要請によりリーズオペラ・ノースを創設、初代音楽監督に就任すると同時に、専属オーケストラであるオペラ・ノース管弦楽団(別名イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア)の芸術監督及び首席指揮者に就任。リヒャルト・シュトラウスのオペラ《ダフネ》のイギリス初演などをおこなっている。音楽監督からは1990年に離任した。

2007年に、ロイヤル・フィルハーモニー協会名誉会員の称号を賦与されている。

レコーディング活動に関しては、ナクソス・レーベルにイギリス音楽を集中的に録音、高い評価を得ている。代表的なものにホルストの《惑星(冥王星付き)》、バックスの交響曲全集など。他にオルウィンブリススタンフォードロースソーンらの録音がある。