デジャ・メイク・ハー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デジャ・メイク・ハー
レッド・ツェッペリンシングル
初出アルバム『聖なる館
B面 クランジ
リリース
録音 1972年
スターグローヴス
ジャンル ロック
時間
レーベル アトランティック
作詞・作曲 ジョン・ボーナム
ジョン・ポール・ジョーンズ
ジミー・ペイジ
ロバート・プラント
プロデュース ジミー・ペイジ
レッド・ツェッペリン シングル 年表
丘のむこうに / ダンシング・デイズ
(1973年)
デジャ・メイク・ハー / クランジ
(1973年)
トランプルド・アンダーフット / 黒い田舎の女
(1975年)
聖なる館 収録曲
ダンシング・デイズ
(5)
デジャ・メイク・ハー
(6)
ノー・クォーター
(7)
テンプレートを表示

デジャ・メイク・ハー」 (D'yer Mak'er) は、イギリスロックグループ、レッド・ツェッペリンの楽曲。1973年、彼らの第5作アルバム聖なる館』のB面2曲目に収められて発表された。作詞作曲は ジョン・ボーナムジョン・ポール・ジョーンズジミー・ペイジおよびロバート・プラントレコードでの演奏時間は約4分20秒。

概要[編集]

ボーナムの主導で作られた快活な曲である。当初は、1950年代ロックンロールとしてリハーサルされていたが、途中からバックビートの要素が加って、レゲエ風の曲に仕上がった。

この奇妙な題名は、イギリスの古いジョークから来ている。このフレーズをイギリス人が発音すると「ジャマイカ」と言っているように聞える。そこから、イギリス人であるレッド・ツェッペリンがジャマイカ発祥のレゲエを歌うという一種のジョークとなっている。また、このジョークの内容は、この曲の歌詞とも関係している。その古いジョークとは以下のようなものである。

A:「妻と喧嘩したんだ。あいつ、ジャマイカに行っちまったんだよ」
B:「ジャマイカ!?」
A:「(「D'yer mak'er!?」と言われたと思って)いや、あいつが自分で出て行ったのさ」

「D'yer mak'er ?」は「Did you make her ?」の表音である。そして、この文脈では「お前がそうさせたのか?」という意味になる。つまり、妻に棄てられた上、「D'yer mak'er?(ジャメイカ?)=お前がそうさせたのか?」となじられる男の物語を「ジャマイカ」風に歌うという凝った、そしていささかひねくれた楽曲である。

ペイジは、「この曲をレゲエだと言ったことはない。自分たちに本当のレゲエなど演奏できないのだから、そんなことを言ったらレゲエに失礼だ」という主旨の発言を残している。ただし、現在では、多くのレゲエアーティストがこの曲をカヴァーしている。

なお、この曲がレッド・ツェッペリンのステージで演奏されたことは、一度もない。

参考文献[編集]

  • 『レッド・ツェッペリン全曲解説』デイヴ・ルイス著 福田美環子訳 シンコー・ミュージック刊
  • 『ジミー・ペイジ語録』ハワード・マイレット編 野間けい子訳 シンコー・ミュージック刊