トランプルド・アンダーフット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トランプルド・アンダーフット
レッド・ツェッペリンシングル
初出アルバム『フィジカル・グラフィティ
B面 黒い田舎の女
リリース
規格 シングル
録音 1974年
ジャンル ハードロックファンク
時間
レーベル スワンソング・レコード
作詞・作曲 ジミー・ペイジロバート・プラントジョン・ポール・ジョーンズ
プロデュース ジミー・ペイジ
レッド・ツェッペリン シングル 年表
デジャ・メイク・ハー / クランジ
(1973年)
トランプルド・アンダーフット / 黒い田舎の女
(1975年)
キャンディ・ストア・ロック / ロイヤル・オルレアン
(1976年)
フィジカル・グラフィティ 収録曲
聖なる館
(4)
トランプルド・アンダーフット
(5)
カシミール
(6)
テンプレートを表示

トランプルド・アンダーフット」(Trampled Under Foot)は、イギリスロックバンドレッド・ツェッペリンの楽曲。1975年のアルバム『フィジカル・グラフィティ』収録。作詞・作曲はジミー・ペイジロバート・プラントおよびジョン・ポール・ジョーンズプロデューサーはジミー・ペイジ。

解説[編集]

1974年ハンプシャー州にあるヘッドリィ・グランジロニー・レイン所有の移動スタジオを持ちこんで録音され、ロンドンオリンピック・スタジオでオーバーダビングが施された。前作アルバム『聖なる館』でも「クランジ」というファンク・ナンバーを発表しているが、ある種のジョーク・ナンバーであったそれとは異なり、この曲では真剣味のある本格的なファンクロックに仕上がっている。間奏ではペイジのギターではなくジョーンズがクラビネットでソロをとっている。

歌詞はロバート・ジョンソン1936年ブルース・ナンバー「Terraplane Blues」が元となっている[1]。両曲共に性的メタファーとして自動車関連の言葉を並べているが、これはブルース・ナンバーにしばしば見られる手法である。その他、スティーヴィー・ワンダーの「迷信」との類似性が指摘されている[2]

アメリカおよび数カ国でシングルカットされ、アメリカのビルボード・チャートでは38位を記録している[3]。また、この曲の初期バージョンが「ブランデー&コーク」のタイトルで、2015年リリースの『フィジカル・グラフィティ』最新リマスター版のコンパニオンディスク(デラックス・エディションおよびスーパー・デラックス・エディションに付属)に収録されている。

コンサート・パフォーマンス[編集]

1975年の初演以来、ツェッペリンのコンサートでは定番曲となった。コンサートではスタジオ・バージョンよりもテンポが上げられ、またペイジの長尺のギターソロがフィーチュアされ、よりハードに演奏された。1980年7月7日ベルリンでの最後のコンサートでも披露されている[4]。また、プラントが1988年のソロツアーで披露した他[1]2007年O2アリーナでの再結成ライブでも演奏されている。公式ライブ作品では、2003年発表の『レッド・ツェッペリン DVD』に1975年のアールズ・コート公演での演奏が、2012年発表の『祭典の日 (奇跡のライヴ)』に、2007年の再結成ライブでの演奏がそれぞれ収録されている。

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b シンコー・ミュージック・ムック『レッド・ツェッペリン―幻惑されて―』クリス・ウェルチ著、中村美夏訳、1999年。ISBN 4-401-70012-0、89頁
  2. ^ Trampled Under Foot - Led Zeppelin | Song Info | AllMusic:
  3. ^ Physical Graffiti - Led Zeppelin | Awards | AllMusic:
  4. ^ Led Zeppelin - Official Website:”. 2016年1月26日閲覧。