デイヴ・ロンバード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴ・ロンバード
Dave Lombardo
(2009年)
(2009年)
基本情報
出生名 David Lombardo
出生 1965年2月16日(49歳)
キューバの旗 キューバ ハバナ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州
ジャンル スラッシュメタル
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1979年 - 現在
共同作業者 スレイヤー, テスタメント, アポカリプティカ, ファントマス, グリップ・ インク

デイヴ・ロンバード(Dave Lombardo 1965年2月16日 - )はキューバアメリカ人ミュージシャンスラッシュメタルバンドスレイヤードラマーとして知られる。

概要[編集]

生い立ち[編集]

キューバハバナで生まれ、2歳のときにアメリカカリフォルニア州に移住する。8歳のとき、学校の発表会でサンタナのレコードにあわせてボンゴを叩いたことがきっかけとなり、学校のバンドでマーチングドラムを担当する。しかし一年ほどで「自分にあっていない」と思い辞めてしまった。10歳のときには、父に350ドルのパールドラムセットを買ってもらう。同じ頃、キッスの「アライヴ」を入手し、曲にあわせてドラムを練習するようになった[1]

1979年には自分のバンドを結成し地元でプレイするようになった。1981年にはピザの配達業で得た給料と父から借りた金で1100ドルのTAMA製ドラムを購入。そんな中、自宅の5区先にケリー・キングという名のギタリストが住んでいることを知り、彼に会いセッションを頼んだ。ケリーはこれを承諾し、その夜は自身のギターコレクションを見せたという。この出会いがスレイヤー結成のきっかけとなった。

音楽活動[編集]

スレイヤーでは結成時よりドラムスを担当していたが、家庭の優先を理由に1986年に一時脱退する。この時はすぐに復帰したが、1992年の二度目の脱退後はスレイヤーとは完全に袂を分かち、翌年には自らのバンド「グリップ・インク」を結成した。同バンドでは2004年までに4枚のアルバムを発表している。

また、1998年からは元フェイス・ノー・モアのマイク・パットンやメルヴィンズのバズ・オズボーンらとのプロジェクトの「ファントマス」に参加。2005年までに4枚のスタジオアルバムと1枚のライヴアルバムをリリースし、現在も活動中である。

この他にテスタメントアポカリプティカにも一時的に参加している。

古巣スレイヤーには2001年には脱退したポール・ボスタフの代役としてツアーに参加した後に、2006年に正式メンバーとして復帰している。

2013年、3度目の脱退。同時にグリップ・インクの再結成を発表した。

使用機材[編集]

長年に渡りTAMAのドラムセットを愛用してきたが、2010年にDdrumに乗り換えた[2]。しかし、翌2011年の夏頃からはラディック社のセットを使用するようになった[3]

シンバルパイステ社、ドラムスティックはプロマークから出ているシグネチャーモデルを使用している。

脚注[編集]