ディアンジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディアンジェロ
D'Angelo Pori Jazz 2012.JPG
フィンランドPori Jazz Festivalにて、2012年
基本情報
出生名 Michael Eugene Archer
生誕 (1974-02-11) 1974年2月11日(45歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バージニア州リッチモンド
ジャンル R&Bファンク, ソウル
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルピアノギターキーボードハモンドオルガンドラムベースローズ・ピアノ
活動期間 1991年 – 現在
レーベル EMIヴァージン・レコードJRCA
共同作業者 ソウルクエリアンズクエストラブラファエル・サディークロイ・ハーグローヴコモン

ディアンジェロ(D'Angelo 本名:Michael Eugene Archer 1974年2月11日 - )は、アメリカ合衆国バージニア州リッチモンド出身のシンガーソングライターである。リッチモンド南部で宣教師の息子として生まれ、幼少の頃から歌い始めた。

ヴォーカルだけでなく、ピアノ、ギター、そして作詞作曲といったプロダクション作業までこなすマルチな才能を持つ。影響を受けたアーティストにマーヴィン・ゲイプリンスの名を挙げているが、ディアンジェロ自身多くのアーティストに多大な影響を与えているいわゆるミュージシャンズ・ミュージシャンである。1995年にファースト・アルバム『ブラウン・シュガー』でデビューし、マーヴィン・ゲイスティーヴィー・ワンダーの時代のソウル感覚とヒップホップ世代の感性を融合させたニュークラシック・ソウル/ネオ・ソウルというひとつのムーブメントを作り出し、数々のフォロワーを生み出した。そして2000年にセカンド・アルバム『ヴー・ドゥー』を発表し、名実共にネオソウルを代表するアーティストとなった。 その後、しばらく自身名義の作品のリリースが途絶えたが、2014年12月15日に14年ぶりとなる3枚目のアルバム『ブラック・メサイア』がデジタル配信でリリースされた[1]

尊敬するプリンスとは異なり寡作ではあるもの、客演やカバー、楽曲提供は数多くこなしている。インタビューで「自分のことをR&Bシンガーだと思ったことはない、いつだってR&Bなんてくだらないと思っていた」と答えており、初めて作った曲もヒップホップで、常日頃からラップもしているとのこと。

ディスコグラフィ[編集]

カバーした楽曲[編集]

提供楽曲[編集]

  • I Found My Smile Again / D'Angelo - Space Jam (O.S.T)
  • Your Precious Love / D'Angelo feat Erykah Badu - High school High (O.S.T)
  • The Notic / D'Angelo feat The Roots - Men In Black (O.S.T)
  • She's Always In My Hair / D'Angelo - Scream 2 (O.S.T)
  • Girl You Need A Change Of Mind / D'Angelo - Get On The Bus (O.S.T)
  • Talk S*** 2 Ya / D'Angelo feat Marlon C. Booty Collins - Baby Boy (O.S.T)
  • Every Day / Angie Stone (Produce) - Money Talk (O.S.T)
  • U Will Know / B.M.U - Jason's Lyric (O.S.T)
  • Heaven Must Be Like This / D'Angelo - Down In The Delta (O.S.T)
  • Sing A Simple Song / D'Angelo feat Isaac Hayes & Chuck D - Different Strokes By Differentfolks (Sly & The Family Stone)
  • Water No Get Enemy / D'Angelo, Femi Kuti, Macy Gray & The Soultronics - Red Hot + Riot: Music & Spirit Of Fela Kuti (Fela Kuti)
  • Caravan / The Roots feat D'Angelo (On Keybords) - Red Hot + Indigo "A Tribute To Duke Ellington" (Duke Ellington)
  • Everyday (Produce) / Mary J Blige - (Single Only)
  • Sparkle (Produce) / Twice - (Single Only)
  • Unshaken / レッド・デッド・リデンプションII サウンドトラック

客演[編集]

  • The Hypnotic (Vocal) / The Roots (Illadelph Halftime)
  • The Spark (Keybords) / The Roots (Things Fall Apart)
  • Crew (Keybords) / A Tribe Called Quest (Beats, Rhymes & Life)
  • Imagine (Vocal) / Snoop Dogg (Tha Blue Carpet Treatment)
  • Break Ups 2 Make Ups (Vocal) / Method Man (Tical 2000 - Judgement Day)
  • So Far To Go (Vocal) / J.Dilla (The Shining)
  • Tell Me (Vocal) / Slum Village (Fantastic, Vol. 2)
  • I'll Stay (Vocal) / The RH Factor (Hard Groove)
  • Nothing Even Matters (Vocal) / Laulyn Hill (The Miseducation Of Lauryn Hill)
  • Be Here (Vocal) / Raphael Saadiq (All Hits At The House Of Blues )
  • Bull***t (Vocal) / The RH Factor (Distractions)
  • Everyday (Produce) / Angie Stone (Black Diamond)
  • Pray (Vocal) / Vertical Hold (Head First)
  • Geto Heaven Part 2 (Vocal) / Common (Like Water For Chocolate)
  • Ain't Nobody Home (Vocal) / B.B. King (Deuces Wild)
  • Overjoyed (Produce & Vocal) / Boys Choir Of Harlem's (Up In Harlem)
  • Cold World(Remix) (Vocal) / GZA (Single Only)
  • Believe (Vocal) / Q-tip

来日公演[編集]

D'ANGELO AND THE VANGUARD名義で

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]