ソウルクエリアンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ソウルクエリアンズSoulquarians)は、ネオ・ソウルおよびオルタナティブ・ヒップホップをおもに志向した音楽集団。1990年代後半ごろに形成され、2000年代初頭までを主に活動した。

ヒップホップグループ「ザ・ルーツ」のプロデューサー兼ドラマーのアミール“クエストラヴ”トンプソンが中心となって、ザ・ルーツの『Things Fall Apart (1999年)』、ディアンジェロの『Voodoo (2000年)』、エリカ・バドゥの『Mama's Gun (2000年)』、コモンの『Like Water for Chocolate (2000年)』などのアルバムを作成した。[1][2]

経歴[編集]

グループ名の由来は、設立メンバーのクエストラブ、ディアンジェロ、ジェイムズ・ポイザー、J・ディラがすべてみずがめ座(Aquarius)であったことに由来している。

従来の慣習にとらわれない音楽、特にアーバン・ミュージックにみられるオフビートのリズムや、変則的な和音への志向が共通していることから結成された。

また、ピノ・パラディーノはモータウン、およびクラシック・ソウルミュージックへの関心でディアンジェロと意気投合し、ソウルクエリアンズのアルバムのほとんどでベースをプレイしている。

集団としては、上記メンバーの他にもコモンモス・デフタリブ・クウェリQティップエリカ・バドゥ、ビラル、ラファエル・サディークなどが参加していた。

2003年のインタビューでは、クエストラブは集団に関して特に計画的な活動予定を立てているわけではないと発言しており、その後ソウルクエリアンズは事実上自然消滅したと見られている。

しかしながら、コモンの2005年頃のインタビューでは「まだソウルクエリアンズは続いている」とも語っている。

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アーティスト アルバム アメリカレコード協会認定
1999 The Roots Things Fall Apart Platinum
1999 Slum Village Fantastic, Vol. 2 Gold
2000 D'Angelo Voodoo Platinum
2000 Common Like Water for Chocolate Gold
2000 Erykah Badu Mama's Gun Platinum
2001 Bilal 1st Born Second Gold
2002 The Roots Phrenology Gold
2002 Common Electric Circus 300,000 copies

脚注[編集]

  1. ^ DeRogatis, Jim. "Just Plain Common Sense". Chicago Sun-Times: February 5, 2006. Archived from the original on 2009-08-24.
  2. ^ Peisner, David. "Body & Soul". Spin: 64–72. August 2008.

参考文献[編集]

ジョーダン・ファーガソン『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』吉田雅史訳・解説、DU BOOKS、2018年8月。

外部リンク[編集]