崔太敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チェ・テミンから転送)
移動先: 案内検索
チェ・テミン
崔太敏
최태민
生誕 崔道源(チェ・ドウォン、최도원)[1]
1912年5月5日
黄海道鳳山郡[1]
死没 (1994-05-01) 1994年5月1日(81歳没)
出身校 載寧普通学校[1]
宗教 仏教カトリック新宗教「永世教」→プロテスタント[1][2]
配偶者 6回結婚[3]
子供 崔順実

崔 太敏(チェ・テミン、朝鮮語: 최태민1912年5月5日 - 1994年5月1日)は、大韓民国牧師呪術師シャーマン

来歴[編集]

黄海道鳳山郡生まれ[1][4]日本統治時代警察官を務め、光復になったという[4][5]。6回結婚し、複数の偽名を使っていた[3]

1970年代初め、仏教キリスト教天道教を総合した新宗教永世教ko:영세교)」の開祖となった[4][6][7]

1974年8月15日に朴正煕大統領の夫人・陸英修が暗殺された後に、陸の霊に『私と娘の間には秘密がある。それを手紙に書いて送れば先生に会うから、会ったら娘に力を貸してやって欲しい』と話した崔が手紙を書いて、ソウルの光化門郵便局に送ったところ、大統領府(青瓦台)から崔氏の龍山の当時の自宅に電話があり『差し向ける黒い乗用車に乗って来なさい』と言われた。崔が朴正煕の次女・朴槿恵に会い、母親から聞いた秘密の話をしたところ、朴槿恵が気絶した。その夢で朴槿恵が母親に会ったところ「崔太敏さんはお前を助けてくれる」と言ったという。その時から朴槿恵は崔を完全に信じることになった。

そして朴正煕が1972年10月に維新体制を行い、キリスト教は反対勢力になったので崔太敏に「お前はもう牧師なんだから、基督教の既存勢力を抑える団体を作れ」と言われ永世教の看板を下ろし、1975年4月、宗教団体「大韓救国宣教団」(救国十字軍)を創設し全国に支部が完成すると総裁に就任、朴槿恵を名誉総裁に迎えた[4][7]。その時、崔太敏と令嬢・朴槿恵が部屋に入れば、一日中出てこないという噂があり、、大韓民国中央情報部(KCIA)長金載圭が情報報告を朴正煕にしたことでを、彼が二人を呼んで直接訊いた。朴槿恵は崔を積極的に擁護し、崔は『私たちは霊的な家族や夫婦のようなものであって、肉体に関する浅ましい話はしてくれるな』と言った。この話を朴正煕が聞いて納得した。金載圭には情報を上げるならしっかりしろと言った。この事が金による朴正煕暗殺事件に繋がった[8]1979年、この団体を「セマウム奉仕団」に改称、地域・大学・企業内に支部を作り急成長させていった[7]

朴正煕政権時代(1979年まで)、青瓦台に自由に出入りし権勢をほしいままにしており、『韓国のラスプーチン』ともよばれていたという[8][9]1977年9月、金載圭の報告をもとに、不正容疑などのため朴正熙から直接尋問されたものの、司法処理は免れた[4]。朴正煕暗殺3日前の1979年10月23日、金載圭は、崔太敏の経歴・不正の事実・女性関係・利権介入に関する報告書を朴大統領に直接手渡しており[2]、その内容は、2007年大韓民国大統領選挙2012年大韓民国大統領選挙の際韓国メディアに詳報された。

1980年代には槿花奉仕団の総合総会長として寵愛していた若くして副総会長にしたチョン・ギヨン牧師を妬む他の牧師に『オイ、この野郎。お前たちはシャーマンが持つ霊力もないくせに、何が牧師だ。情けないやつらだ。この方は私より霊力が強いので私が迎えた方だ』と激怒した。崔は普段は言葉が粗いがチョン牧師には優しく、600万ウォンという当時ならマンション2世帯分買える金を与えた[5]

1993年10月にチョン牧師と会うと、崔太敏はボディガード6人を連れていて『将来、朴槿恵氏が大統領になるので彼女の選挙運動に力を貸してください。槿花奉仕団が全国に70万人の組織を使って選挙運動を引き受けてください。資金は朝興銀行安国洞(アングクトン)支店に13億ウォンあり、貯まっている利子が9000万ウォンあります」と頼んだ。崔一家は生活が苦しく修業時代は他人に米を貰って食べていたほど貧しかったが、1974年の暗殺事件以後に朴大統領(父)の近くにいるようになると、企業関係者や救国布教団の役職が欲しい人々が様々な物を持って来るなど13億ウォンも貰ったものだった。

1994年に崔は慢性腎不全で亡くなった。しかし、1998年、朴槿恵が大邱広域市達城郡選挙区の国会議員再・補欠選挙で当選し政治を始めた時、娘で五女の崔順実の夫のチョン・ユンフェが秘書室長として2000年まで朴槿恵議員室の活動を管理し、大統領府(青瓦台)の「門番3人組」(イ・ジェマン前総務秘書官、アン・ポングン前国政広報秘書官、チョン・ホソン前付属秘書官)を1998年に選んだ人物として韓国では知られている。このように朴槿恵には崔の影が付きまとっていたことが、大統領就任後の崔順実ゲート事件に繋がった[4][5][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “朴槿恵大統領を食い物にし続けた「怪しい宗教家」の父と娘”. デイリーNK. (2016年10月30日). http://dailynkjp.com/archives/1588 2016年11月3日閲覧。 
  2. ^ a b “박근혜 X파일 & 히든카드(朴槿恵 Xファイルと切り札)”. 新東亜. (2007-06-00). http://shindonga.donga.com/3/all/13/106489/1 2016年11月3日閲覧。 
  3. ^ a b Hwang Sunghee (2016年10月30日). “国政介入疑惑の朴大統領の親友が帰国、韓国”. AFPBB. http://www.afpbb.com/articles/-/3106198 2016年10月31日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f “<朴大統領秘線>崔氏と42年の縁…どういう関係?(1)”. 中央日報日本語版. (2016年10月26日). http://japanese.joins.com/article/052/222052.html 2016年10月31日閲覧。 
  5. ^ a b c [インタビュー]「崔太敏が朴正煕の死を予告して以来、朴槿恵が一層信じるようになった」”. ハンギョレニュース (2016年11月6日). 2017年2月18日閲覧。
  6. ^ “최순실 아버지 최태민씨가 세운 ‘영세교’는”. 中央日報朝鮮語版. (2016年10月26日). http://news.joins.com/article/20784455 2016年11月1日閲覧。 
  7. ^ a b c 安達夕 (2016年10月27日). “まるで『20世紀少年』、韓国・朴槿恵大統領のスキャンダルに韓国が震撼!”. ハーバー・ビジネス・オンライン. http://hbol.jp/114595/2 2016年10月31日閲覧。 
  8. ^ a b 「韓国のラスプーチン」朴槿恵大統領を陰で操る謎の女性・崔順実氏とは?”. ハフィントンポスト (2016年11月16日). 2017年2月18日閲覧。
  9. ^ “スクープ!政治も経済も大混乱 疑惑を報じた産経記者を検察が告発 韓国朴槿恵(大統領)は「密会男」に操られていた!”. 週刊現代. (2014年8月27日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40259?page=3 2016年10月31日閲覧。 
  10. ^ Swirling Scandal Involving Shamanistic Cult Threatens S. Korean President”. 2016年10月29日閲覧。