ダミアノ・ディフェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダミアノ・ディフェンス
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
b8 black knight
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
g8 black knight
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
d7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
f6 black pawn
e5 black pawn
e4 white pawn
f3 white knight
a2 white pawn
b2 white pawn
c2 white pawn
d2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
f1 white bishop
h1 white rook
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh

ダミアノ・ディフェンス (Damiano Defence) は、チェスオープニングの1つ。右図にある基本形までの手順は1.e4 e5 2.Nf3 f6?である[1]

お互いに最善手を指した場合、黒が不利になるオープニングである[2]。そのため、日本チェスプレーヤー東公平からは「ダメナノ・ディフェンス」と呼ばれている[2]

主な変化[編集]

3.Nxe5![2]

ダミアノ・ディフェンスにおける白の3手目は、ナイトでe5のポーンを取る1手である。黒は3手目にどんな手を指しても白が有利になる。

まず3.… feとナイトを取る手だが、4.Qh5+ g6 5.Qxe5+となり黒がどのようにチェックを防いでも、6.Qxh8で黒はルークを取られ白優勢となる[2]

3.… fe 4.Qh5+に対して4.… Ke7とキングを逃げるのは、5.Qxe5+ Kf7 6.Bc4+ d5 7.Bxd5+ Kg6 8.h4 h5 9.Bxb7! Bd6 10.Qa5! Nc6 11.Bxc6 Rb8 12.Bxd7 Qxd7 13.Qxa7となり白優勢。この変化の黒の6手目で6.… Kg6??とするのは7.Qf5+ Kh6 8.d4+ g5 9.h4となり[2]、次のチェックメイトを防ぐことが出来ない。また、黒の9手目で9.… Bxb7とするのも10.Qf5+ Kh6 11.d4+ g5 12.Qf7!となり、やはりメイトを免れない。

3.Nxe5!に対する 黒の最善手は3.… Qe7だが、4.Nf3 d5 5.d3 dxe4 6.dxe4 Qxe4+ 7.Be2で次に白が8.Nc3とクイーン取りに出る手が先手となり[3]、白が指しやすくなる。或いは4.Nc4 Qxe4+ 5.Ne3 g6 6.Nc3 Qd4 7.Bc4 Bb4 8.Qe2 Kd8と指す変化もある。この変化では、黒はキングをd8に動かしたことによりキャスリングの権利を失うので、白はクイーンを交換しキャスリングをすれば白のキングは安全である。

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『チェス次の一手』、59頁。
  2. ^ a b c d e 『チェス次の一手』、60頁。
  3. ^ 『チェス次の一手』、62頁。