エヴァンス・ギャンビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エヴァンス・ギャンビット
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
g8 black knight
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
d7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
c6 black knight
c5 black bishop
e5 black pawn
b4 white pawn
c4 white bishop
e4 white pawn
f3 white knight
a2 white pawn
c2 white pawn
d2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
h1 white rook
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh

エヴァンス・ギャンビット (Evans Gambit) は、チェスオープニングの1つ。イギリスのチェスプレーヤー、ウィリアム・デーヴィス・エヴァンスによって19世紀半ばごろに考案されたオープニングで、1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bc4 Bc5 4. b4と指された局面がエヴァンス・ギャンビットの基本形である[1]

イタリアン・ゲームの一変化であるといえる。

エヴァンス・ギャンビット・アクセプテッド[編集]

  • 4. …Bxb4 5. c3 Bc5 6. d4 ed 7. 0-0 d6 8. cd Bb6 9. Nc3 Bg4 10. Bb5+ Kf8! 11. Bc3 Nge7 12. a4 a5 13. Bc4 Bb5[2]

このようにb4のポーンビショップで取る変化をエヴァンス・ギャンビット・アクセプテッドと呼ぶ[3]

5. …Ba5と指す手もある[3]
7. cdは7. …Bb4+と指される[3]
7. …d3は考え過ぎ[3]
7. …Bb6は8. cd d6となり、手順前後で同じ形になる。

その他の変化[編集]

  • 4. …Nxb4とb4のポーンをナイトで取るのは5. c3 Nc6で本譜と同じ形になる[3]
  • 4. …d5と指す手もある。以下5. ed Nxb4 6. 0-0 Nf6 7. Nxc5 Nbxd5と進行する[3]
  • 4. …Bb6とポーンを取らない変化もある。以下5. a4 a6 6. Nc3 Nf6と進行する[3]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『定跡と戦い方』、54頁。
  2. ^ 『定跡と戦い方』、55-56頁。
  3. ^ a b c d e f g 『定跡と戦い方』、56頁。
  4. ^ ISBNコードは新装版のもの。