ジオッコ・ピアノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジオッコ・ピアノ
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
g8 black knight
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
d7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
c6 black knight
c5 black bishop
e5 black pawn
c4 white bishop
e4 white pawn
f3 white knight
a2 white pawn
b2 white pawn
c2 white pawn
d2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
h1 white rook
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h

ジオッコ・ピアノ (Giuoco Piano) は、チェスオープニングの1つ。ギュオコ・ピアノ (Guico Piano) と表記されることもある[1]

右図はその基本形である[2]。基本形までの手順は1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bc4 Bc5である[2]

イタリアン・ゲームの1変化である。オープニング名の「ジオッコ・ピアノ」はイタリア語で「静かなゲーム」を意味する[3]

主な変化[編集]

4.c3 Qe7 5.d4 Bb6 6.d5 Nd8 7.a4 a6 8.d6! Qxd6 9.Qxd6 cd 10.Bd5![4]

この進行は黒がc8のビショップを展開することが出来ず白が優勢[5]

白の4手目で4.b4と指すとエヴァンス・ギャンビットの基本形となる[6]。4.d3と指すとジオッコ・ピアニッシモ[7]と呼ばれるオープニングとなる[8]。4.0-0と指した場合は手順前後でエヴァンス・ギャンビットに変化することが多いが[9]1894年ニューヨークで対局されたアレヒン対シブレイ戦のように手順前後しただけでジオッコ・ピアノのまま進行するゲームもある[5]。アレヒン対シブレイ戦では白のアレヒンが4.0-0と指したのち4.… Nf6 5.c3 0-0と進行し18手目で黒のシブレイのキングチェックメイトされアレヒンが勝った[5]

黒の4手目では他に4.… d6と指す手もある[5]

黒の5手目で5.… edと指すと6.0-0! dc 7.Nxc3 d6 8.Nd5 Qd8 9.b4 Bb6 10.Bb2で白はポーン損ながら力強く攻撃することが出来る[5]

白の6手目では6.0-0とキャスリングする手もある。以下6.… Nf6 7.Re1 d6 8.a4 a6 9.h3 0-0 10.Na3 Kh8 11.Nd5 ed 12.cd Nb4 13.Bg5と進行する[4]。なおこの手順中白の8手目で8.Na3と指す手もある[5]。普通は端にナイトを持っていく手は悪手だが、この場合は定跡にもなっている。

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『チェス入門』、130頁。
  2. ^ a b 『定跡と戦い方』、51頁。
  3. ^ 『定跡と戦い方』、52頁。
  4. ^ a b 『定跡と戦い方』、52-53頁。
  5. ^ a b c d e f 『定跡と戦い方』、53頁。
  6. ^ 『定跡と戦い方』、54頁。
  7. ^ イタリア語で「非常に静かなゲーム」の意。
  8. ^ 『チェスの名人になってみないか』、235頁。
  9. ^ 『定跡と戦い方』、56頁。
  10. ^ ISBNコードは新装版のもの。