チャイニーズ・ギャンビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャイニーズ・ギャンビット
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
b8 black knight
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
g8 black knight
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
d7 black pawn
e7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
f5 black pawn
e4 white pawn
a2 white pawn
b2 white pawn
c2 white pawn
d2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
f1 white bishop
g1 white knight
h1 white rook
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h

チャイニーズ・ギャンビット (Chinese Gambit)[1] は、チェスオープニングの1つである。

右図がチャイニーズ・ギャンビットの基本形である[2]。基本形までの手順は1. e4 f5である[2]

両対局者に棋力の差がありなおかつ強い者が黒番を持った場合[2]、白番の者が弱すぎて嫌になった時に自分の興味を増すために指されるオープニングである[2]日本チェスプレーヤー東公平が友人でチェスのライヴァルでもあったキリル・チェレフコに教えられた定跡である[3]

主な変化[編集]

2. exf5 Kf7 3. Qh5+ g6 4. fxg6+ Kg7 5. gxh7 Rxh7 6. Qg5+ Kh8!! 7. Qe5+ Bg7 8. Qg3 Nf6 9. Bd3[4]

東自身がこのオープニングのことを「冗談オープニング」と評しているように[3]、本当は白が優勢な定跡である[3]

このオープニングでは白の2手目で2. exf5とポーンを取る一手[2]。そこで2. … Kf7とキングを動かせば白は3手目で3. Qh5+とチェックをかける[2]。黒が3. … g6とポーンでチェックを避け[2]、白が4手目で4. fxg6+とg6のポーンを取ってチェックをかけたら黒は4. … Kg7とキングをg7に逃げてチェックを避ける[4]。白は5手目で5. gxh7とh7のポーンを取ったら黒は5. … Rxh7とルークでポーンを取ってクイーン取りをかける[3]。白は弱いので6. Qg5+とクイーン取りを避けながらチェックをかける[3][5]。このとき黒はh8の穴にキングを落としこみ[3]、7手目で7. Qe5+とチェックをかけてきたら7. … Bg7とビショップで蓋をする[3]。双方が7手目を指した時点での黒の駒組みは将棋穴熊囲いに似ている[3]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ヒガシコウヘイのチェス入門』ではこのオープニングを「チャイニーズ・ギャンビット」の名前で取り上げている。
  2. ^ a b c d e f g 『ヒガシコウヘイのチェス入門』、161頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『ヒガシコウヘイのチェス入門』、162頁。
  4. ^ a b 『ヒガシコウヘイのチェス入門』、161-162頁。
  5. ^ 白番が強いときにはこのオープニングは指されない。
  6. ^ ISBNコードは新装版のもの。