タカネザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タカネザクラ
Prunus nipponica Matsumura Takanezakura in sannomine 2003 6 8.jpg
標高2,000 mを越える両白山地三ノ峰に自生するタカネザクラ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: サクラ属 Cerasus
: タカネザクラ C. nipponica
学名
Cerasus nipponica (Matsum.) Masam. & S.Suzuki (1936)[1][2]
シノニム
和名
タカネザクラ(高嶺桜)
英名
Japanese alpine cherry

タカネザクラ高嶺桜学名Cerasus nipponica (Matsum.) Masam. & S.Suzuki)は、バラ科サクラ属サクラ。日本に自生する10もしくは11あるサクラ属の基本野生種の一つ[5][6][注釈 1]。山岳地帯に生えることが多いことから、別名はミネザクラ(峰桜)

分布[編集]

亜寒帯を中心に、千島列島南部、北海道本州の中部山岳地帯の標高1500mから2800m付近に分布[7]。遺伝的に、北東集団(北海道から東北)と南西集団(本州中部山岳)に大別される[8]

特徴[編集]

分布域から分かる通り、日本に自生する野生種のサクラとしては最も寒さに強い種である。低標高で環境が良ければ10mを超える高木に育つが、標高が高い風の強い場所だと2mほどで地を這う低木となる。樹形は盃型。直径は2-3cmの小輪から中輪の一重咲きの花を咲かせ、花弁の色は淡紅色で花の芯に行くほど色が濃い。花と葉が同時に展開する。花期は遅く低地で最も早くて5月上旬、高山帯で6月で、本州で一番遅く咲くのは北アルプスの標高2800m付近。それでも高山帯では早く花を咲かせる種となるため開花が目立つ。東京に植栽した場合の花期は4月上旬であるが、通常は夏の高温や乾燥で枯れてしまう[7][9][10]

変種のタカネザクラとチシマザクラ[編集]

分類学上の種(species)としてはタカネザクラだが、その下位分類の変種(variety)レベルでは、タカネザクラ(var. nipponica)とチシマザクラ(var. kurilensis)に分類される。2010年代後半時点では、葉の両面、葉柄、果柄などに毛がないものがタカネザクラ、毛があるものがチシマザクラと分類しているが、個体により毛の長さにバラつきがあり他の多要素を考慮に入れていないため、分類として不適当で再検討が必要であるという。根室市が旧気象庁根室測候所のチシマザクラを標本木として日本で唯一チシマザクラを標本木として開花発表をしているほか[注釈 2]清隆寺明治時代国後島から移入されたチシマザクラが植栽されていている。根室市の花期は5月下旬となり日本の施政権が及ぶ平地では最も遅く開花する[7]

種の保全状況評価[編集]

日本では以下の都道府県で、レッドリストの指定を受けている[11]

  • 絶滅寸前種(環境省の絶滅危惧I類相当) - 奈良県
  • 絶滅危惧II類(VU) - 埼玉県[12]

参考画像[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヤマザクラオオヤマザクラカスミザクラオオシマザクラエドヒガンチョウジザクラマメザクラ、タカネザクラ、ミヤマザクラクマノザクラの10種。疑義のあるカンヒザクラも含めると11種。
  2. ^ 2010年の気象庁根室測候所閉鎖までは気象庁が、以後は根室市が開花発表している。

出典[編集]

  1. ^ The International Plant Names Index.: Cerasus nipponica
  2. ^ 正宗厳敬・鈴木重良. 1936. 日本産サクラ属の学名に就いて. 台北農林学会報 1 (3): 316-318.
  3. ^ J. Matsumura., "Cerasi Japonicae duae Species novae." 『植物学雑誌』 1901年 15巻 174号 p.99-101, doi:10.15281/jplantres1887.15.174_99
  4. ^ Ohba, H. 1992. Japanese Cherry Trees under the Genus Cerasus (Rosaceae). The Journal of Japanese Botany 67 (5): 276-281. (PDF)
  5. ^ 勝木俊雄『桜』p13 - p14、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  6. ^ 紀伊半島南部で100年ぶり野生種のサクラ新種「クマノザクラ」 鮮やかなピンク 森林総研 産経ニュース 2018年3月13日
  7. ^ a b c 勝木俊雄『桜』p173 - p176、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  8. ^ 加藤珠理, 向井譲, 加登ありさ ほか, 「SSR分析によるタカネザクラ集団の地理的遺伝構造の評価」『日本森林学会大会発表データベース』 2016年 127巻, 第127回日本森林学会大会, セッションID:P1-112, p.271-, 日本森林学会, doi:10.11519/jfsc.127.0_271
  9. ^ 高嶺桜 日本花の会 桜図鑑
  10. ^ 千島桜 日本花の会 桜図鑑
  11. ^ 日本のレッドデータ検索システム「ミネザクラ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2013年6月3日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  12. ^ 埼玉県レッドデータブック2011植物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 116 (2011年). 2013年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]