マメザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マメザクラ
Prunus incisa 09.jpg
神奈川県 大山・2013年4月
保全状況評価[1]
DATA DEFICIENT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status none DD.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: サクラ属 Cerasus
: マメザクラ C. incisa
学名
Cerasus incisa (Thunb.) Loisel.
和名
マメザクラ(豆桜)

マメザクラ豆桜、学名:Cerasus incisa (Thunb.) Loisel.)はバラ科サクラ属の落葉低木のサクラ日本固有種で、日本に自生する10もしくは11種あるサクラ属の基本野生種の一つ[2][3][注釈 1]。関東・中部・近畿に自生し、特に富士山近辺やその山麓、箱根近辺等に自生していることから、フジザクラハコネザクラとも言う。マメ(豆)の名が表すように、この種は樹高が大きくならず、花も小さい[4]。サクラの中でも個体ごとに変異が大きく種間雑種しやすく、多くの栽培品種の基になっている[5]。また、この種は山梨県の県の花に指定されている。

特徴[編集]

平均的な樹高は4m程度・太さは10cmの程の低木で、伊豆半島に自生するものは例外的に樹高6m以上・太さ20cmほどに大型化するものもあるが、基本的に大きくならない種である。樹高2m程度でも開花する樹形で、花は下向きに咲き、葉に重鋸歯がある。個体ごとの変異が大きい[4][5][6]

この特徴は栄養や気候から生育の難しく大きく成長できない亜高山帯でも子孫を残せるように変化したものだと考えられる。このため、亜高山気候の場所でも育ち、一般的な桜より寒さに耐えられ-20℃にも耐える。木の肌は薄い灰色。細い枝を長く伸ばす。葉は広い楕円形で葉の端の鋸上の部分は切込みが深い(欠刻状重鋸葉)。実は赤黒く熟する。

サクラは種間雑種を作りやすいが中でもマメザクラは種間雑種を作りやすい。普通は自生しているサクラの種間雑種は個体単位に過ぎないが、マメザクラとの種間雑種では、集団で群生して安定して自生している場合がある。例えば四国石鎚山に分布するイシヅチザクラは、マメザクラとタカネザクラの種間雑種で両者の中間的な形態をしており、集団で群生して安定して自生している[4]

大きく育たなくとも花を咲かせる特徴があるため、庭木や盆栽としても非常に有用である。この特徴からコヒガン系などの多くの栽培品種の基となってきた[5]

変種と分布域[編集]

種(species)としてのマメザクラの下位分類の変種(variety)には、南関東から中部にかけて分布する変種としてのマメザクラ、北陸から近畿に分布するキンキマメザクラ(近畿豆桜)、北関東に分布するブコウマメザクラ(武甲豆桜)の3つに分けられる[4]

変種のマメザクラの分布域は富士山周辺であり、この地で大きな群落を作っており、別名「フジザクラ」の由来にもなっている。本州フォッサマグナ地域周辺の富士山・八ヶ岳金峰山などの山梨県を中心に分布するマメザクラは、標高1000m以上の冷温帯から亜高山帯にかけての森林帯に自生しており、火山性の岩石地に高い密集度で群落を作っていて、2m程度の低木で花と葉をつける。一方、伊豆半島以東に分布するマメザクラは、標高1000m以下に自生し、房総半島などでは海岸近くに自生し、4mを超える比較的大型の個体が多い。これらの個体は変異が大きく、産地ごとに花色・花形・花の大きさのほかにも葉や萼筒に違いがあるため、今後はそれぞれ別の変種として区分されることが検討されうる。平均的なものの樹形は傘状で低木。一重咲きで淡紅色の小輪の花を咲かせ、東京基準の花期は3月中旬[4][5]

変種のキンキマメザクラは、本州中部以西の北陸から近畿にかけて分布していて主に日本海側の山地に分布している。変種のマメザクラと同じく個体による変異が大きく、北陸地方に分布するものは花が大輪で白色、長野県南部や京都府大江山のものは花が小輪で淡紅色のものが多い。平均的なものの樹形は広卵状で低木。一重咲きで白色の小輪の花を咲かせ、東京基準の花期は3月中旬[6]

変種のブコウマメザクラは、おそらく数百個体しかないため絶滅危惧に指定されており、奥多摩秩父妙義山に分布し、石灰岩地に自生していることが多い。石灰岩地は栄養分のある土壌が発達しないため珍しい植物が自生していることが多く、オオヤマザクラの変種のキリタチヤマザクラも石灰岩地に自生する珍しいサクラである[4]

マメザクラ群[編集]

C. × parvifoliaと学名表記されるマメザクラとオオシマザクラの種間雑種のうち栽培品種のウミネコは日本国外でよく育てられている[7]。また、一般的にはエドヒガン群に分類されるが、Cerasus × subhirtellaと学名表記されるマメザクラとエドヒガンの種間雑種はコヒガン系とも呼ばれ、コヒガン、ジュウガツザクラシキザクラオモイガワクマガイウジョウシダレコシノヒガン(タカトオコヒガン)などの多くの栽培品種があり、こちらも日本や海外で育てられている。マメザクラ群は、マメザクラ系とタカネザクラ系に別れている場合があるが、タカネザクラには関しては該当ページに記述を譲る。

ここではその一部を上げる。

野生種[編集]

  • マメザクラ (豆桜)
  • キンキマメザクラ(近畿豆桜)- マメザクラの変種
  • ブコウマメザクラ(武甲豆桜)- マメザクラの変種

種間雑種

  • コヒガン(小彼岸)系 - マメザクラ × エドヒガンの種間雑種(C. × subhirtella)。コヒガンはエドヒガン系とされることもあるがこちらにも掲載する。コシノヒガン・ホシザクラ・ヤブザクラがコヒガンの品種 (form)とされる場合もある[8]。コヒガンの栽培品種についてはコヒガンやエドヒガンのページに記載。

栽培品種[編集]

  • アカネヤエ(茜八重)
  • アメダマザクラ(飴玉桜)- マメザクラ × ヤマザクラ × オオシマザクラの種間雑種( C. × parvifolia)の栽培品種[9][10]
  • ウミネコ(海猫) - 主にヨーロッパで栽培されている栽培品種。
  • オシドリザクラ(鴛鴦桜・富士霞桜[11])- このほかにも別名のフジカスミザクラには変種としてのマメザクラそのものの個体もある[12]
  • クマガイザクラ(熊谷桜・八重咲山彼岸) - キンキマメザクラの八重の栽培品種。クマガイ(サクラクマガイ)とは別の栽培品種。
  • コジョウノマイ(湖上の舞)
  • ショウドウザクラ(勝道桜)- マメザクラ × オオヤマザクラC. × syodoi)の種間雑種の栽培品種[9]
  • ショウドウヒガン(勝道彼岸)
  • ショウフクジザクラ(正福寺桜・正福寺枝垂・湯村枝垂・湯村)
  • フタカミザクラ(二上桜) - 1970年に二上山で発見された品種。
  • フユザクラ(冬桜・小葉桜) - 11月から12月の終わりごろまで花を咲かせることで知られる。群馬県藤岡市の桜山はフユザクラの名所として名高い。
  • マナヅルザクラ(真鶴桜)
  • ミドリキンキマメザクラ(緑近畿豆桜) - キンキマメザクラの赤色色素が欠損した栽培品種[13]
  • ミドリザクラ(緑桜・緑萼桜)
  • ミドノヤエ(水土野八重)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Pollard, R.P., Rhodes, L. & Maxted, N. (2016). Prunus incisa. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T50475511A50475515. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T50475511A50475515.en. Downloaded on 21 October 2018.
  2. ^ 勝木俊雄『桜』p13 - p14、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  3. ^ 紀伊半島南部で100年ぶり野生種のサクラ新種「クマノザクラ」 鮮やかなピンク 森林総研 産経ニュース 2018年3月13日
  4. ^ a b c d e f 勝木俊雄『桜』p170 - p173、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  5. ^ a b c d 豆桜 日本花の会 桜図鑑
  6. ^ a b 近畿豆桜 日本花の会 桜図鑑
  7. ^ More, D. & J. White. (2003) Cassell's Trees of Britain & Northern Europe. London:Weidenfeld & Nicolson. p. 535
  8. ^ 勝木俊雄「サクラの分類と形態による同定」『樹木医学研究』第21巻第2号、樹木医学会、2017年、 95-96頁、 doi:10.18938/treeforesthealth.21.2_93ISSN 1344-0268NAID 130007814398
  9. ^ a b Origins of Japanese flowering cherry (Prunus subgenus Cerasus) cultivars revealed using nuclear SSR markers”. Shuri Kato, Asako Matsumoto, Kensuke Yoshimura, Toshio Katsuki etc.. 2021年2月27日閲覧。
  10. ^ 桜の新しい系統保全 ―形質・遺伝子・病害研究に基づく取組― p.28. 森林総合研究所 多摩森林科学園
  11. ^ 若名の富士霞桜1 多摩森林科学園 サクラデータベース
  12. ^ 若名の富士霞桜2 多摩森林科学園 サクラデータベース
  13. ^ ミドリキンキマメザクラ 多摩森林科学園 サクラデータベース