セラノーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Celanova

{{{市章説明}}}

マイヨール広場
マイヨール広場
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Provincia de Ourense - Bandera.svg オウレンセ県
コマルカ テーラ・デ・セラノーバ
司法管轄区 セラノーバ
面積 67.3 km² [1]
教区数 19
標高 530m
人口 5,638 人 (2013年)[1]
人口密度 83.77 人/km²
住民呼称 celanovés/-esa
自治体首長
(2011年)
Antonio Mourillo Villar
PSdeG-PSOE
Celanovaの位置(スペイン内)
Celanova
Celanova
スペイン内セラノーバの位置
Celanovaの位置(オウレンセ県内)
Celanova
Celanova
オウレンセ県内セラノーバの位置

北緯42度9分3秒 西経7度57分24秒 / 北緯42.15083度 西経7.95667度 / 42.15083; -7.95667座標: 北緯42度9分3秒 西経7度57分24秒 / 北緯42.15083度 西経7.95667度 / 42.15083; -7.95667
セラノーバ公式サイト

ガリシア州内の位置

セラノーバCelanova)は、スペインガリシア州オウレンセ県の自治体、コマルカ・ダ・テーラ・デ・セラノーバに属する。ガリシア統計局によると2013年の人口は5,638人(2010年:5,949人、2009年:6,020人、2008年:6,075人、2007年:6,104人、2003年:6,071人) [1]。住民呼称は、celanovés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は96.12%(2001年)。

地理[編集]

セラノーバはオウレンセ県の西部に位置し、コマルカ・ダ・テーラ・デ・セラノーバに属する。北はカルテージェア・メルカと、東はア・ボーラと、南はベレーアと、西はラミラスキンテーラ・デ・レイラードの各自治体と境界をなす。自治体中心地区はセラノーバ教区のセラノーバ地区[2]

セラノーバは県都オウレンセとは、そのまま南へ行くとポルトガルのリンドーソに行きつく国道120号線(N-120)でつながっている。 自治体内にはアルノイア川とその多くの支流、オリージェ川、トゥーニョ川が流れている。 西部(トゥーニョ川地域)は高台になっており、東部の低地(アルノイア川、オリージェ川地域)に人口は集中している。 降水量は多くなく、また気温差は激しい。

セラノーバはセラノーバ司法管轄区に属し、同管轄区の中心自治体である[3]

人口[編集]

セラノーバの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[4]、1996年 - [5]

歴史[編集]

936年ロセンド・デ・セラノーバによって、のちにさまざまな特権を与えられることになるサン・サルバドール・デ・セラノーバ修道院(Mosteiro de San Salvador de Celanova)が設立された。11世紀にはその力は最大となり、その支配はアルタ・リミア、モンテレイ、オ・リベイロにまで及んだ。

イルマンディーニョの反乱によって、ミルマンダ城とビラノバ・ドス・インファンテス城は破壊された。15世紀になると、修道院は貴族の搾取によって衰退していったが、カトリック両王によってそれらは取り返された。1506年以降はバリャドリッドベネディクト会のサン・ベニート・エル・レアル修道院との結びつきを深め、その独立性を失っていった。

セラノーバはスペインとポルトガルとの国境地域にあるため、両国の間で何度も争奪の的となった。19世紀自由な三年期に修道院は修道会の支配から離れ、1837年最終的に永代所有財産解放令によって没収された。

1927年ビラノバ・ドス・インファンテス地区を、1967年アセベード・ド・リオ地区を編入。

政治[編集]

自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のアントーニオ・モウリージョ・ビジャール(Antonio Mourillo Villar)[6]、自治体評議員は、ガリシア国民党:7、ガリシア民族主義ブロック(BNG):3、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):3となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[7]

1999年6月13日自治体選挙[8]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 2,616 68.25% 9
BNG 792 20.66% 3
PSdeG-PSOE 367 9.57% 1

首長当選者:アントーニオ・モウリージョ・ビジャール(PPdeG)

2003年5月25日自治体選挙[8]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 2,379 57.22% 8
PSdeG-PSOE 1,082 26.02% 3
BNG 669 16.09% 2

首長当選者:アントーニオ・モウリージョ・ビジャール(PPdeG)

2007年5月27日自治体選挙[8]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,980 46.20% 7
PSdeG-PSOE 1,041 24.29% 3
BNG 1,034 24.13% 3
TEGA[9] 199 4.64% 0

首長当選者:アントーニオ・モウリージョ・ビジャール(PPdeG)

2011年5月22日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,978 50.05% 7
BNG 1,053 26.64% 3
PSdeG-PSOE 873 22.09% 3

首長当選者:アントーニオ・モウリージョ・ビジャール(PPdeG)

教区[編集]

セラノーバは19の教区に分けられる。太字は自治体中心地区のある教区[2]

  • アセベード・ド・リオ(サン・シュルショ)
  • アルカサル・デ・ミルマンダ(サンタ・マリーア)
  • アモローセ(サンティアーゴ)
  • アンセミル(サンタ・マリーア)
  • バルシャ(サン・トメ)
  • ボバデーラ(サンタ・マリーア)
  • カニョン(サン・ロウレンソ)
  • カストロマオ(サンタ・マリーア)
  • セラノーバ(サン・ロセンド)
  • フェチャス(サンタ・マリーア)
  • フレイショ(サンタ・クリスティーナ)
  • ミルマンダ(サンタ・エウフェミア)
  • モウリジョス(サン・ペドロ)
  • オルガ(サン・ミゲル)
  • ラバル(サン・サルバドール)
  • ア・ベイガ(サン・パイオ)
  • ビラノーバ・ドス・インファンテス(サン・サルバドール)
  • ビベイロ(サン・ショアン)

出身著名人[編集]

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b c IGE(ガリシア統計局)” (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2014年7月3日閲覧。
  2. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.7、p.241-242、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5817-5
  3. ^ Celanova, partido judicial nº9 de Ourense” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年7月1日閲覧。
  4. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  5. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  6. ^ Alcaldes de los municipios de Galicia” (スペイン語). Ministerio de Política Territorial y Administración Pública de España, Secretaría de Estado de Cooperación Territorial, Dirección General de Cooperación Local. 2011年8月5日閲覧。
  7. ^ a b スペイン内務省 2011年地方選挙結果” (スペイン語). スペイン政府 内務省. 2011年7月1日閲覧。
  8. ^ a b c スペイン内務省 地方選挙結果(過去)” (スペイン語). スペイン政府 内務省. 2011年7月1日閲覧。
  9. ^ TEGAはTerra Galegaガリシアの大地)、中道民族主義政党。


外部リンク[編集]