ムイーニョス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Muíños

{{{市章説明}}}

自治体庁舎
自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Provincia de Ourense - Bandera.svg オウレンセ県
コマルカ バイシャ・リミア
面積 109.6 [1] km²
教区数 12
居住地区数 33
標高 680m
人口 1,779 人 (2012年)
人口密度 16.2 [1] 人/km²
ガリシア語率 98.93% (2011年[2]
自治体首長
(2011年)
ショアン・マヌエル・ヒメネス・モラン
PPdeG
Muíñosの位置(スペイン内)
Muíños
Muíños
スペイン内ムイーニョスの位置
Muíñosの位置(オウレンセ県内)
Muíños
Muíños
オウレンセ県内ムイーニョスの位置

北緯41度57分 西経7度59分 / 北緯41.950度 西経7.983度 / 41.950; -7.983座標: 北緯41度57分 西経7度59分 / 北緯41.950度 西経7.983度 / 41.950; -7.983

Situacion Muíños.PNG

ムイーニョスMuíños)は、スペインガリシア州オウレンセ県の自治体で、コマルカ・ダ・バイシャ・リミアに属し、およそ680mの高度にある。ガリシア統計局によると、2012年の人口は1,779人(2010年:1,824人、2009年1,821人、2004年:1,985人、2003年:2,012人)で、12の教区に分けられる[1]。住民呼称は、規範としては認められていないが、男女同形のmuiñenseが使われる。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.93%(2001年)。

地理[編集]

ムイーニョスはオウレンセ県の南西部に位置し、コマルカ・ダ・バイシャ・リミアに属する。北はロベイラバンデと、東はポルケイラカルボス・デ・ランディンと、西はロビオスの各自治体と隣接、そして南はポルトガルと接している。自治体中心地区はムイーニョス教区のムゲイメス地区[3]

面積は109km²で、リミア川サラス川の渓谷に位置し、ポルトガルとの国境に接している。シュレス山地にはバイシャ・リミア自然公園が設けられており、同公園は国境を越えてポルトガルにも広がっている。

ムイーニョスには、高速道路リアス・バイシャス線をシンソ・デ・リミアで降りて、自治体の最初の集落であるカス集落を通って、そのまま進めば到着する。

1997年より、自治体庁舎はムイーニョス教区のムゲイメス地区に置かれている。

人口[編集]

住民は12の教区の33の地区(集落)に居住する[1]

ムイーニョスの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[4]、1996年 - [5]

観光[編集]

全バイシャ・リミア地区での重要な産業は牧畜業と農業であるが、それ以外にムイーニョスでは、トレッキングやカヌー競技で自然に親しんだり、アグリ・ツーリズムが注目され始めている。宿は、宿泊所や農家に泊まることができる。

集落から500m程の所に位置するエンコロ・デ・コンチャスと呼ばれるリミア川の川岸にはいくつかの温泉が湧き出している。水温はおよそ50º で、30年前から地上に湧き出した。また、これらの淵ではカヌー競技、他さまざまなスポーツで自然を満喫することができる。

政治[編集]

現在の自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のプラシド・アルバレス・ドバーニョ(Plácido Álvarez Dobaño)、自治体評議員はガリシア国民党:9、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):1、ガリシア民族主義ブロック(BNG):1となっている(2007年の自治体選挙の結果、得票順)。

教区[編集]

ムイーニョスは12の教区に分けられる。太字は自治体の中心地区のある教区[3]

  • バルシェス(サンタ・マリーア)
  • カードス(サンタ・マリーア)
  • コウソ・デ・サラス(サンティアーゴ)
  • ファルナデイロス(サン・ペドロ)
  • アス・マウス・ダ・サラス(サンタ・バイア)
  • ムイーニョス(サン・ペドロ)
  • パラーダ・デ・ベントーサ(サン・ペドロ)
  • ポルケイロス(サント・アンドレ)
  • プラード・デ・リミア(サン・サルバドール)
  • レキアス(サンティアーゴ)
  • ソウト・デ・リミア(サンタ・マリーア)
  • シェルメアーデ(サン・ミゲル)

ギャラリー[編集]

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b c d IGE(ガリシア統計局)” (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2013年3月19日閲覧。
  2. ^ Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública., http://praza.gal/recurso/1263/evolucion-no-uso-do-galego-por-concellos/ 
  3. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.16、p.243-244、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5826-7
  4. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  5. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.

外部リンク[編集]