スリヴェン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スリヴェン州
Област Сливен
İslimiye ili
ブルガリア内のスリヴェン州の位置
ブルガリアの国旗 ブルガリア共和国
州都スリヴェン
人口218,474 人
面積3,544 km²
基礎自治体4
ナンバープレートCH
標準時EETUTC+2
夏時間EESTUTC+3

スリヴェン州(-しゅう、ブルガリア語:Област Сливенトルコ語:İslimiye ili)はブルガリア南東部に位置するブルガリアの州

基礎自治体[編集]

スリヴェン州の基礎自治体

歴史[編集]

この地にはトラキア人、ローマ人、古代ギリシャ人、スラヴ人などが住んだ。ローマ帝国の最初の集落トゥイダ(Tuida)は紀元前3世紀にこの地方に設置され、交易拠点となった。スリヴェンの街は1153年にアラブの交易商イドリースィーによって建立された。

住民[編集]

州の人口はおよそ13万人で、2001年の調査によるとその11.2%がロマである。これは、ブルガリアの州としては最も高いロマ人口比率である。

自然[編集]

スリヴェンは大山塊シニテ・カムニ(Сините Камъни、Sinite Kamyni、英訳:The Blue Rocks)のふもとに位置し、ミネラル泉源に非常に近い。スリヴェンはきれいな空気ときれいな水、暖かい冬と涼しい夏の街として知られている。

シニテ・カムニ国立自然公園[編集]

スリヴェン州にはシニテ・カムニ国立自然公園がある。同地にはハルカタ(Харката、Halkata)と呼ばれ、伝説によると魔力を持つというアーチ状の奇岩がそびえ立ち、この地方のシンボルとなっている。この地には他にも数々の奇抜な自然の造形が見られるズメヴィ・ドゥプキ洞窟(Змееви Дупки、Zmeevi dupki)などもある。また太古の海岸が進化した森林もある。

自然公園には多様な動植物相が見られ、1000種を超える植物、235種の無脊椎動物、8種の魚類、9種の両生類、9種の爬虫類、165種の鳥類、34種の哺乳類が生息している。

急峻な傾斜地が連なる山塊の標高は290メートルから1181メートルであり、ボラ(bora)と呼ばれる北・北北西からの風はこの地方に典型的なものである。自然公園のなかには多くの川が流れ、多くの急流、淵、滝などの地形を形成している。

外部リンク[編集]