スモリャン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スモリャン州
Област Смолян
ブルガリア内のスモリャン州の位置
ブルガリアの国旗 ブルガリア共和国
州都 スモリャン
基礎自治体 10
ナンバープレート CM
標準時 EETUTC+2
夏時間EESTUTC+3
知事 Petar Fidanov
ウェブサイト [1]
天然の『石橋』

スモリャン州(スモリャンしゅう、ブルガリア語:Област Смолян / Oblast Smolyan)はブルガリア中南部に位置するロドピ山脈の中にあり、南でギリシャと国境を接する。ポマクムスリム・ブルガリア人)の人口が多いことで知られ、2001年の調査によると、州の総人口14万66人のうち5万8758人がイスラム、4万1599人が正教会の信者である[1]

経済[編集]

州の経済の基幹となっているのは観光、鉱業、林業、機械工業、畜産業である。州の主な農産物はジャガイモで、ブルガリア全体のジャガイモ生産の3割程度を占める。ほかにはライムギオオムギなども生産されているが、ヒツジウシブタなど畜産業のほうが高い比重を占めている。州の西部には20を超える亜鉛の鉱山があり、バルカン半島でも最大級の鉱脈が存在する。濃密な針葉樹林はドスパトスモリャンデヴィンの林業を支えている。スモリャンでは農業機械を生産する大工場があり、ネデリノズラトグラトマダンルドゼムでは繊維工業が盛んである。マダンには化学ゴム工場もある。

こんにち、観光は州の経済の基幹となっており、特に冬季にはチェペラレ、およびチェペラレ市パンポロヴォ(Пампорово / Pamporovo)はすばらしいスキー・リゾート地となる。チェペラレにあるスキー施設を運営している会社は400人を雇っている。また、デヴィンおよびデヴィン市ベデンの泉は観光地になっている。美しい手付かずの自然がのこる渓谷、洞窟は国内外の多くの観光客をひきつけている。

基礎自治体[編集]

スモリャン州の基礎自治体

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]