スピーキング・イン・タンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スピーキング・イン・タンズ
トーキング・ヘッズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1982年7月 - 1983年2月
ジャンル ニュー・ウェイヴ
時間
レーベル サイア・レコーズ(オリジナル盤)
ライノ(リイシュー盤)
プロデュース トーキング・ヘッズ
アンディ・ザックス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 15位(アメリカ)
  • 21位(イギリス)[1]
  • 72位(日本)[2]
  • トーキング・ヘッズ 年表
    リメイン・イン・ライト
    (1980年)
    スピーキング・イン・タンズ
    (1983年)
    ストップ・メイキング・センス
    (1984年)
    テンプレートを表示

    スピーキング・イン・タンズ』(Speaking In Tongues)は、アメリカロックバンド、トーキング・ヘッズの第5作スタジオ・アルバム。前作からおよそ2年振りの作品である。

    LP初回版のジャケットはロバート・ラウシェンバーグが手がけたもので、透明ジャケットに透明なアナログ盤が封入されていた。そのアナログ盤は、コラージュ写真をそれぞれ異なる色で印刷した3枚のプラスチック製の円盤で挟まれていた。ラウシェンバーグはこのジャケットデザインによりグラミー賞を受賞した。通常版およびCD版のジャケットはデヴィッド・バーンが制作したものである。

    収録曲[編集]

    作詞はデヴィッド・バーン。作曲はバーン、クリス・フランツ、ジェリー・ハリスン、ティナ・ウェイマス。

    Side 1
    1. バーニング・ダウン・ザ・ハウス - Burning Down The House (4:00)
    2. メイキング・フリッピー・フラッピー - Making Flippy Floppy (4:36)
    3. ガールフレンド・イズ・ベター - Girlfriend Is Better (4:25)
    4. スリッパリー・ピープル - Slippery People (3:30)
    5. アイ・ゲット・ワイルド/ワイルド・グラヴィティ - I Get Wild/Wild Gravity (4:06)
    Side 2
    1. スワンプ - Swamp (5:09)
    2. ムーン・ロックス - Moon Rocks (5:04)
    3. プル・アップ・ザ・ルーツ - Pull Up The Roots (5:08)
    4. ジズ・マスト・ビー・ザ・プレイス - This Must Be The Place (Naive Melody) (4:56)

    脚注[編集]

    1. ^ ChartArchive - Talking Heads - Speaking In Tongues
    2. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.212