スバルビジターセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg スバルビジターセンター
SUBARU Visitor Center[1]
Subaru 1500 at SUBARU Visitor center 2014-2.jpg
館内展示(スバル・1500
スバルビジターセンターの位置(群馬県内)
スバルビジターセンター
群馬県内の位置
施設情報
専門分野 自動車オートバイ航空機
事業主体 SUBARU[2]
開館 2003年7月15日[2]
所在地 373-0822
群馬県太田市庄屋町1-1[2]
位置 北緯36度16分31.9秒 東経139度22分22.8秒 / 北緯36.275528度 東経139.373000度 / 36.275528; 139.373000座標: 北緯36度16分31.9秒 東経139度22分22.8秒 / 北緯36.275528度 東経139.373000度 / 36.275528; 139.373000
アクセス 太田駅からで20分[2]
太田桐生ICから車で20分[2]
外部リンク www.subaru.co.jp/csr/factory-tour
プロジェクト:GLAM

スバルビジターセンター英語: SUBARU Visitor Center[1])は、群馬県太田市にある、SUBARU博物館企業博物館)である。

概要[編集]

2003年平成15年)7月15日、富士重工業株式会社(現・株式会社SUBARU)の創立50周年を記念し、同社群馬製作所矢島工場に開館[3]。同社が製造したスバル・36010001500をはじめとした自動車エンジンなどが数多く展示されている他、オートバイスクーター)のラビットスクーターの実車も展示されている。また、前身の中島飛行機が製造した四式戦闘機「疾風」九〇式艦上戦闘機三型の模型も展示されている。

屋外にはジェット練習機T-1も展示されている。

見学は入場料は無料であるが、入場する場合は、一般は電話での事前連絡が必要である。小学校の社会科見学のみホームページでの事前予約となる。写真撮影はビジターセンター内であれば可、工場構内は不可[2]

展示物[編集]

スバル・1000

交通アクセス[編集]

公共交通機関[2]
東武伊勢崎線太田駅より自動車で約20分間。または太田駅南口より「熊谷駅北口行き」路線バスに乗車、バス停「マリエール太田前」にて下車、徒歩約10分間。
JRおよび秩父鉄道熊谷駅より自動車で約40分間。
自家用自動車[2]
北関東自動車道太田桐生インターチェンジから自動車で約30分間。
東北自動車道館林インターチェンジから自動車で約40分間。
関越自動車道東松山インターチェンジから自動車で約1時間。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Efforts in Japan” (English). Subaru Corporation. 2017年4月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 工場見学”. SUBARU. 2017年4月12日閲覧。
  3. ^ 安田剛 (2014年9月8日). “スバル、自動車工場見学施設「スバルビジターセンター」の見学者が100万人超え”. Car Watch. 2017年4月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]