スコットレール (ナショナル・エクスプレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
156系気動車(2005年6月)

スコットレール: ScotRail[1]は、かつてスコットランドにあった列車運行会社である。1997年3月31日から2004年10月16日までの間、スコットレールの営業権により経営していたナショナル・エクスプレス英語版が所有していた。

運行概況[編集]

スコットレールはスコットランド内を中心に3.032kmの路線長と336駅を有し、スコットランド全域の旅客列車を運行していた。イングランドへの乗り入れはカーライル英語版およびニューカッスル英語版方面、並びにロンドン・ユーストンを結ぶ寝台列車カレドニアン・スリーパーの運行を担当していた。なお、イングランドからはアリーヴァ・トレインズ・ノーザン英語版GNERヴァージン・クロスカントリー英語版およびヴァージン・ウェスト・コーストの運行列車もスコットランド内に乗り入れている。

車両[編集]

イギリス国鉄からは101系117系150系156系158系気動車、303系305系314系318系320系電車、ならびにカレドニアン・スリーパーおよび他の旅客列車向けのマーク2マーク3客車を継承した。

スコットレールは自社で機関車を保有せず、ロンドン・ユーストンへ向かうカレドニアン・スリーパーの牽引機には、EWS社(現:DBカーゴUK)の機関車が充当されていた。エディンバラグラスゴー以南の電化区間では90形が使用されたほか、以北の非電化区間ではアバディーンインヴァネス方面で47形フォート・ウィリアム方面では37形ディーゼル機関車が充当されていた。2001年6月からは非電化区間の牽引機が67形に置き換わった[2]

機関車牽引列車は170系「ターボスター」の3両編成55本に、303系電車は334系「ジュニパー」の3両編成40編成への置き換えが決定した[3][4]2000年に、150系気動車の2両編成2本がアリーヴァ・トレインズ・ノーザン英語版に転属された[5]。158系も4編成がアリーヴァ・トレインズ・ノーザンに、2編成がウェセックス・トレインズ英語版に転属された[6]。101系気動車、303系、305系電車は全車が引退した。

2001年12月、ウェスト・アングリア・グレート・ノーザン英語版から5編成の322系を貸借し、2004年3月の返却まで使用された[7]。代替に元ヴァージン・ウェスト・コーストのマーク3客車が貸し出され、ノース・ベリック線英語版の列車はEWSの90形機関車牽引による代走となった[8]

2005年に、ハル・トレインズ英語版から3両編成4本の170系が転属された[9]

形式 画像 車種 最高速度 製造年
mph km/h
101系 101692 at Arley.JPG 気動車 70 112 1956–1960
150系「スプリンター」 150262 at Cardiff Central.JPG 気動車 75 120 1984–1987
156系「スーパースプリンター」英語版 156457 at Oban.jpg 気動車 75 120 1987–1989
158系「エクスプレス・スプリンター」 First ScotRail 158709 2005-06-17 01.jpg 気動車 90 145 1989–1992
170系「ターボスター」 Kingussie Railway Station - geograph.org.uk - 85097.jpg 気動車 100 160 1999-2004
303系「ブルートレイン」英語版 Class 303 016 at Langside.JPG 電車 75 120 1959–1961
314系英語版 British Rail Class 314.jpg 電車 75 120 1979
318系英語版 British Rail Class 318 at Gourock.jpg 電車 90 145 1986-1987
320系英語版 SPT320s Helensburgh.JPG 電車 75 120 1990
322系 322485 at London Liverpool Street.JPG 電車 100 160 1990
334系「ジュニパー」英語版 British Rail Class 334 005.jpg 電車 90 145 1999-2002
マーク2客車 ScotRail Mk2 coach at Euston.jpg 客車 100 160 1969–1974
マーク3客車 Fort William sleeper.jpg 客車 125 200 1975–1988

車両基地[編集]

スコットレールが保有する車両は、ヘイマーケット英語版グラスゴー・シールズ・ロード英語版およびインヴァネス英語版の各車両基地にて維持保守されていた。

譲渡[編集]

2003年7月に、アリーヴァファーストグループおよびナショナル・エクスプレスがスコットレールの新しい営業権の候補に入ったことが、Scottish Executive英語版およびStrategic Rail Authority英語版より発表された[10]。2004年6月に、営業権はファーストグループに与えられ、同年10月17日にスコットレールの運行業務はファースト・スコットレールへ移行した[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Companies House extract company no 2938994 ScotRail Railways Limited
  2. ^ Class 47 scot-rail.co.uk
  3. ^ Class 170 scot-rail.co.uk
  4. ^ Class 334 scot-rail.co.uk
  5. ^ Class 150 scot-rail.co.uk
  6. ^ Class 158 scot-rail.co.uk
  7. ^ Class 322 scot-rail.co.uk
  8. ^ MK3 DVT Push-Pull scot-rail.co.uk
  9. ^ Rail Magazine issue 516 22 June 2005 page 10
  10. ^ Shortlist of ScotRail bidders puts three in the ring Herald Scotland 28 October 2003
  11. ^ FirstGroup clinches Scottish rail franchise The Daily Telegraph 12 June 2004

外部リンク[編集]

先代:
スコットレール
イギリス国鉄の一部
スコットレール営業権の事業者
1997 - 2004
次代:
ファースト・スコットレール