イギリス国鉄47形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリス国鉄47形ディーゼル機関車
ブライトン駅に停車中の47形
ブライトン駅に停車中の47形
基本情報
製造所 ブラッシュエレクトリカルエンジニアリング(現・ブラッシュトラクション
製造年 1963年 - 1968年
製造数 512両
主要諸元
軸配置 Co-Co
軌間 1,435 mm
長さ 19.38 m
2.69 m
高さ 3.90 m
機関車重量 114 - 127 t
機関 スルザー・12LDA28-C
制動装置 真空空気ブレーキ
最高速度 121 - 153 km/h
出力 2580 hp (1924.54 kW)
テンプレートを表示

イギリス国鉄47形ディーゼル機関車(イギリスこくてつ47がたディーゼルきかんしゃ)は、イギリス国鉄電気式ディーゼル機関車である。ブラッシュトラクションならびにイギリス国鉄のクルー工場にて、1963年から1968年にかけて512両が製造された。この両数はイギリスの本線用ディーゼル機関車の1形式としては最多である。

イギリス国内の無煙化に多大な貢献を果たし、客貨両用の主力機として長きに渡って使用される、イギリスを代表する機関車である。

形態区分[編集]

47/0形
蒸気暖房装置を搭載する基本形態[1]
47/3形
列車暖房装置を非搭載[1]
47/4形
電気暖房搭載車、または蒸気・電気暖房併載車[1]
47/7形
47/4形にプッシュプル運転装置を設置[1]
47/9形
出力3300HPの機関を搭載した改造試作機[1]

関連車両[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『鉄道ファン』1984年6月号、105頁

参考資料[編集]