イギリス国鉄90形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリス国鉄90形電気機関車
アベリオ・グレーター・アングリアの90形 (ストラトフォード駅、2014年)
アベリオ・グレーター・アングリアの90形
(ストラトフォード駅、2014年)
基本情報
製造所 BREL[1]
製造年 1987年 - 1990年[1]
製造数 50両
主要諸元
軸配置 Bo-Bo[2]
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25kV 架空電車線方式[1]
長さ 18.80 m[2]
2.7 m
高さ 3.96 m[2]
機関車重量 84.5 t[2]
主電動機 GEC G412CY[1]
制動装置 空気ブレーキ・発電ブレーキ[2]
最高速度 177 km/h
定格出力 3,730 kW(連続定格)[2]
引張力 258 kN[1]
テンプレートを表示

90形(Class 90)は、1987年に登場したイギリス国鉄電気機関車である。1987年から1990年にかけて50両がBRELによりクルー工場で製造された[2]。交流25kVの架線集電に対応し、主に都市間旅客列車と貨物列車向けに設計されている。

導入の経緯と仕様[編集]

従来増備されていた87形の改良機として設計されており、最高速度は177km/h(110mph[1])。主に西海岸本線グレート・イースタン本線の系統に投入された。

プッシュプル運転に対応しており、編成の一端の制御車を先頭にした編成の運転が可能である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Class 90 Rail Magazine
  2. ^ a b c d e f g h Technical Information Class 90 Electric Loco Group

外部リンク[編集]