スクラップ・ヘブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スクラップ・ヘブン
監督 李相日
脚本 李相日
製作 松野恵美子
井澤昌平
川城和実
竹中功
出演者 加瀬亮
オダギリジョー
栗山千明
音楽 會田茂一
主題歌 フジファブリック蜃気楼
撮影 柴崎幸三
編集 今井剛
製作会社 オフィス・シロウズ
テレビ東京
バンダイビジュアル
イエス・ビジョンズ
ザズウ
配給 オフィス・シロウズ
シネカノン
公開 日本の旗 2005年10月8日
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

スクラップ・ヘブン』は、2005年10月8日に公開された李相日監督の日本映画

キャッチフレーズは、「世界を一瞬で消す方法がわかりました。」

ストーリー[編集]

ドラマのような刑事にあこがれ警察官になったシンゴ(加瀬亮)は毎日の事務仕事に嫌気がさし、刑事課への移動を熱望していた。ある日乗り合わせた路線バスがバスジャックに遇うが、夢見ていたドラマの様な状況でシンゴは何も出来なかった。3ヶ月後シンゴはバスジャック事件で同乗していたテツ(オダギリジョー)と偶然再会する。「孤高の便所掃除人」テツの父は地下鉄サリン事件の被害者で、精神を病んでいた。「世の中のヤツは想像力が足りない」と言うテツと、シンゴは意気投合し2人で復讐請負業を始める。やがてバスジャック時の3人目の乗客だったサキ(栗山千明)が2人の前に現れる。「爆弾に夢を込める薬剤師」サキは義眼をサングラスで隠していた。復讐業にのめり込み「正義感にカビの生えた警察官」シンゴの変化に気がついたのは、シンゴを気にかけていた先輩刑事薮田(柄本明)だった。やがてテツはシンゴの想像力を超える行動をとるようになる。シンゴに会うために警察署に来たテツの首には、サキから受け取った爆弾が掛かっていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:佐々木史朗
  • 製作:井澤昌平、川城和実、竹中功、松野恵美子
  • プロデューサー:久保田傑、柳原雅美、河野聡、吉田晴彦
  • アソシエイトプロデューサー:押田興将、安井美紀子、上山公一
  • ラインプロデューサー:斎藤寛朗
  • 監督・脚本:李相日
  • 撮影:柴崎幸三
  • 照明:市川元一
  • 録音:柿澤潔
  • 美術:仲前智治
  • 編集:今井剛
  • スクリプター:田口良子
  • 衣装/スタイリスト:小林身和子
  • ヘアメイク:細川晶子
  • 助監督:久万真路
  • 制作担当:金子堅太郎
  • 音楽プロデュース: 會田茂一
  • 音楽: 會田茂一、JET BIKINI、Masao Nisugi
  • 音楽制作: 茂木英興
  • 音楽制作協力: GRAND FUNK、毒組、WILD CORPORATION
  • エンディング・テーマ :フジファブリック蜃気楼
  • 音楽協力:テレビ東京ミュージック
  • スチール: 鈴木さゆり
  • 宣伝:ミラクルヴォイス
  • 製作委員会:『スクラップ・ヘブン』パートナーズ

受賞[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]