スキレット (調理器具)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スキレット
スキレット
調理の一例
調理の一例

日本語でいうところのスキレットは、鋳鉄製のフライパンのこと。

英語 "skillet日本語音写例:スキリット)" に由来する外来語であるが[1]、原語では「小さなフライパン」など[1]という意味でしかない。日本語と同義といえるのは cast-iron skillet と表現したときで、「鋳鉄の小さなフライパン」という意味になる (cf. cast-iron cookware)。

概要[編集]

ダッチオーブンの一種とみなされる場合もある。本体の厚さと素材のため、温度がゆっくり均等に伝わる。同じ大きさのフライパンに比べると重く、テフロンコーティングなどは施されていない。そのものの特性を生かして作られている。そのため、長持ちさせるためには手入れが必要である。スキレットカバーがあれば、蒸す燻す煮る揚げるなど多様な料理に使うことができる。屋内外を問わず、家庭料理からアウトドアまで使用範囲が広い。形や大きさも多様で、用途によって使い分けることが多い。調理後そのままとして使うこともある。

使用方法[編集]

シーズニング[編集]

通常、購入したばかりのスキレットは止め防止ワックスや錆止めによってコーティングが行われているため、初めて使用する前には準備が必要となる。

  1. 開封したスキレットを家庭用洗剤を使い、スポンジタワシでしっかりと洗う。
  2. ガスコンロでしっかりと加熱し、水分を完全に飛ばす。
  3. 持ち手を含めて無添加の植物油(オリーブオイルが推奨される)を満遍なく薄く塗り、再度加熱する。
  4. 完全に冷めた後、水洗いを行い、再度2~3を行って終了。

製品によっては製造段階でシーズニング(慣らし)を行っていることを謳う製品もあるが、製造から販売に至るまで長期間経過している可能性もあるため、改めてシーズニングを行うことが推奨される。

注意点[編集]

  • 調理前に水で軽くゆすぎ、予熱の意味も含めて水分が完全に飛ぶまで加熱する(洗剤だとコーティングがはがれる可能性がある)。
  • 加熱時は必ず耐熱性のグローブを着用する。
  • 蓄熱性があるため、火を止めても長時間熱い状態が続く。
  • 急冷却しない。

特徴[編集]

熱伝導がよく、じんわりと食材を暖める。温度が下がりにくく、ムラもないので料理がしやすい。全体的にフラットな形状で、コンロに置いても隙間が極力生じないように裏面も平になっている。

種類[編集]

料理や用途によって適している形状や大きさがある。大きさは大皿料理であれば 8〜12インチ、小皿料理であれば 5〜6 1/2インチが使用されることが多い。特定の食材調理を目的としているスキレットも存在する。たとえば、浅い形のラウンドグリルピザクレープなどを調理することに特化した形状である。

スキレットカバーについて[編集]

スキレット本体とは別で販売されている。一般的に言う鍋蓋のようなものであるが、鋳鉄製で重い。本体同様にサイズ展開がされているため、本体に合わせて購入することができる。カバーを使用することでカバーの重さが強い圧力となり、硬い食材も柔らかく調理することができる。形としては、耳がついているものとついていないものがある。カバーの裏には突起がある。調理中に出た蒸気が液状化してここに溜まって水滴となり、鍋全体に落ちていくようにつくられている。

電磁調理器での利用について[編集]

スキレット自身は鋳鉄製のため、電磁調理器の使用はラジエントヒーター式、誘導加熱式どちらでも問題なく利用可能である。

ラジエントヒーター式では火力が弱く、本来の使用用途に対して使いづらい反面はあるが使用方法はガスコンロと大差はない。

誘導加熱式の場合、加熱時にムラが発生することがあるためスキレットの大きさと加熱面の大きさに注意を払う必要がある。また密着して使用する形になるため水分が底面に残りやすく、シーズニングや使用後の乾燥の際に難がある。カセットコンロを用い、シーズニングと乾燥はカセットコンロを用いた上で調理は電磁調理器を用いるといった形で併用することにより解決可能。

使用後のメンテナンス[編集]

テフロンコーティングがされていないので、良い状態を保つためには使用後のメンテナンスが必須である。濡れたまま放置しておくと、赤が発生してしまう恐れがある。一度発生してしまうと、再度洗い流してもその後も赤錆が発生しやすくなってしまう。焦げてしまった場合は、水を沸騰させると焦げが落ちる。長期間使用しない場合は、鉄同士がぶつからないように新聞紙等で包み、水気のない場所で保管する。

使用後についてはよく乾かすことが必須とされ、基本的に手段は問われないが、食器洗い機等を用いると洗いムラが発生したり、洗剤が残存する可能性もあり、推奨されない。使用者によっては使用後に毎回加熱した上で再度シーズニングを行う場合もあるが、非常に手間が掛かるため、通常は毎度行う必要はない。

家庭用洗剤の使用についても特に制限は無い。臭いや汚れが気になる場合は、通常の食器と同じようにスポンジやタワシを用いて洗浄を行っても問題ないが、長期的な利用を目指す場合は定期的なシーズニングを行うことが推奨されている。[2]

詳細についてはダッチオーブンも参照のこと。

ヒビ割れ[編集]

スキレットにヒビが入ってしまうと修復はまず不可能である。砕けてしまう恐れがあって大変危険なため、使用するべきではない。不足あるいは破損した箇所を他の物で代用するのも危険なので使用しないほうが良い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b skillet”. TheFreeDictionary.com. Farlex, Inc.. 2018年6月13日閲覧。
  2. ^ 毎日の正しいお手入れで、美味しいお料理。”. 公式ウェブサイト. ロッジ社. 2018年6月13日閲覧。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]