スウィート・ジェーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スウィート・ジェーン
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド楽曲
収録アルバム ローデッド
リリース 1970年11月15日
録音 ニューヨーク、アトランティック・レコーディング・スタジオ(1970年4月 - 8月)
ジャンル ロック
時間 3分18秒(オリジナル)
4分09秒(フル・バージョン)
レーベル コティリオン / アトランティック・レコード
作詞者 ルー・リード
作曲者 ルー・リード
プロデュース ジェフ・ハスラム
シェル・ケーガン
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
ローデッド 収録曲
Side 1
  1. 「フー・ラヴズ・ザ・サン 」
  2. スウィート・ジェーン
  3. ロックン・ロール
  4. 「クール・イット・ダウン」
  5. 「ニュー・エイジ」
Side 2
  1. 「ヘッド・ヘルド・ハイ」
  2. 「ロンサム・カウボーイ・ビル」
  3. 「アイ・ファウンド・ア・リーズン」
  4. 「トレイン・ラウンド・ザ・ベンド」
  5. 「オー・スウィート・ナッシン」

スウィート・ジェーン」(原題:Sweet Jane)は、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド1970年に発表した楽曲。ルー・リードのライブの定番曲の一つ。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では342位にランクされている[1]

概要[編集]

1970年11月15日発売の4作目のアルバム『ローデッド』に収録。既に前年の1969年にライブで演奏されていた作品であるが、アルバムにはブリッジの部分(Heavenly wine and roses / Seem to whisper to her when he smile)はカットされて収録された。

フル・バージョンは1995年9月26日発売のボックス・セットPeel Slowly and See』において初めて公表された。『ローデッド』の現行のリマスター盤や45周年アニバーサリー盤ではオリジナル・バージョンはフル・バージョンに差し替えられているほか、初期のテイクも収められている。

ニ長調(D)の楽曲であるが、ホ長調(E)で演奏されたライブ・バージョンがいくつか存在する(ルー・リードのライブ・アルバム『Rock 'n' Roll Animal』、『Live: Take No Prisoners』)。

ライブ・バージョン[編集]

アルバム名 アーティスト名 録音時期と場所 発売日
1969: The Velvet Underground Live ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 1969年11月、サンフランシスコ 1974年9月
Live at Max's Kansas City ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 1970年8月23日、ニューヨーク 1972年5月30日
American Poet ルー・リード 1972年12月26日、ニューヨーク 2001年6月26日
Rock 'n' Roll Animal ルー・リード 1973年12月21日、ニューヨーク 1974年2月
Live: Take No Prisoners ルー・リード 1978年5月17日 - 21日、ニューヨーク 1978年11月
Live in Italy ルー・リード 1983年9月、ヴェローナローマ 1984年1月
Live MCMXCIII ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 1993年6月15日 - 17日、パリ 1993年10月26日
Berlin: Live at St. Ann's Warehouse ルー・リード 2006年12月15日 - 16日、ニューヨーク 2008年11月4日

主なカバー・バージョン[編集]

脚注[編集]