ジ・エレクトリック・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The Electric Company
ジャンル 教育番組
放送時間 (28分)
放送期間 1971年10月25日 - 1977年4月15日(780回)
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出演者 モーガン・フリーマン
リタ・モレノ
ルイス・アヴァロス
ゼロ・モステル
メル・ブルックス
The Short Circus
外部リンク The Electric Company (1971)
テンプレートを表示

ジ・エレクトリック・カンパニー』(英語: The Electric Company)は、アメリカの非営利番組制作会社チルドレンズ・テレビジョン・ワークショップ (Children's Television Workshop) 、現セサミ・ワークショップ (Sesame Workshop)公共放送サービス (PBS) 向けに制作した教育番組である。1971年10月25日から1977年4月15日まで6シーズンにわたり、全780エピソードがPBSで放送された。

あらまし[ソースを編集]

セサミストリート』を見るのを卒業した7歳(小2)から10歳(小4)のアメリカの児童を対象に、英文法や単語の読みを教える目的で作られた。モータウンミュージカルヴォードヴィル、そしてアメリカのコメディ番組『ラフ・イン』の要素を取り入れている[要出典]

番組はスケッチ・コメディー、アニメ、歌のコーナーなどで構成。具体的なコーナーとしては "The Adventures of Letterman" や "Spidey Super Stories" がある。

出演者[ソースを編集]

The Short Circus[ソースを編集]

The Short Circus は、番組内で活躍した子どもたちによるバンドである。バンド名はショート回路 (Short Circuit) のもじり。

メンバーは以下の通り。

日本での放送[ソースを編集]

日本では、1979年4月7日から東京12チャンネル(現・テレビ東京)で『英語とあそぼう エレクトリック・カンパニー』と題して放送。日本語吹き替えと原語による2か国語放送を実施していた。

松下電器(現・パナソニック)の一社提供で、番組内で流れていたCMは音声多重対応テレビのものが中心であった。これは同局が1978年12月より音声多重放送を開始した折で、それを活用したコンテンツ制作として放送された[要説明]

放送時間[ソースを編集]

いずれも日本標準時

  • 土曜 18:00 - 18:30 (1979年4月7日 - 1980年3月30日)
  • 日曜 09:00 - 09:30 (1980年4月6日 - 1981年3月29日)
  • 日曜 07:00 - 07:30 (1981年4月5日 - 1981年9月27日)

外部リンク[ソースを編集]

東京12チャンネル 土曜18:00枠
前番組 番組名 次番組
お笑いマンガ道場
(1978年10月 - 1979年3月)
※土曜12:30枠へ移動
英語とあそぼう エレクトリック・カンパニー
(1979年4月7日 - 1980年3月30日)
三菱ダイヤモンド・サッカー
※18:00 - 18:55、日曜18:00枠から移動・拡大
東京12チャンネル 日曜9:00枠
がんばれ2歳
※9:00 - 9:15
シンガポールへの旅
※9:15 - 9:30
英語とあそぼう エレクトリック・カンパニー
(1980年4月6日 - 1981年3月29日)
まんがことわざ事典
(1981年4月 - 1982年6月27日)
※土曜19:30枠から移動
東京12チャンネル 日曜7:00枠
英語とあそぼう エレクトリック・カンパニー
(1981年4月5日 - 1981年9月27日)