ジル・スタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジル・スタイン
Jill Stein by Gage Skidmore.jpg
スタイン(2016年)
レキシントンタウンミーティングメンバー
任期
2005年 – 2011年
個人情報
生誕 ジル・エレン・スタイン
(1950-05-14) 1950年5月14日(68歳)
シカゴ, イリノイ州
政党 アメリカ緑の党
配偶者 リチャード・ローラー
子供 2
住居 マサチューセッツ州レキシントン
出身校 ハーバード大学
公式サイト Campaign website

ジル・エレン・スタイン英語: Jill Ellen Steinヘブライ語: ג'יל אלן שטיין‎‎、1950年5月14日 – )はアメリカ合衆国の医師、政治活動家。2012年[1][2]2016年アメリカ合衆国大統領選挙におけるアメリカ緑の党の大統領候補[3][4][5]。2010年のマサチューセッツ州知事選挙[6]など多くの選挙に立候補している。

経歴[編集]

イリノイ州シカゴに生まれ、ハイランドパーク (イリノイ州)英語版で育つ。ユダヤ系アメリカ人であり、家族はユダヤ教改革派シナゴーグであるNorth Shore Congregation Israelに参加している[7]。両親はロシア系ユダヤ人であり、ユダヤ教改革派として育ったが、現在は不可知論者である[8]。同じく医師のリチャード・ローラーと結婚し、マサチューセッツ州レキシントン在住。成人した2人の息子がいる[9][10]

1973年、ハーバード大学を卒業、心理学社会学人類学を学んだ。1979年、ハーバード大学医学大学院院了、その後、25年間、内科医を勤めた。また、2006年までハーバード大学医学大学院で教鞭をとっていた[11][12][13][14][15][16][17][18][19]

2016年アメリカ合衆国大統領選挙出馬共和党トランプに敗れた。2016年10月11日~13日に実施されたUSAトゥデイによる投票前世論調査では、トランプ支持20%、ヒラリー支持68%、ゲーリー支持8%、未定3%で、ジル支持は1%であった[20]。トランプ候補の当選が発表された後、サイバー攻撃により投票が操作された可能性があるとしてウィスコンシン州の選挙管理委員会に再集計を求め、それが受理されたことで話題となった。再集計を求めるためには、多額の手数料が必要となるが500万ドルを調達したという[21]

脚註[編集]

  1. ^ “Mass. doctor Jill Stein wins Green Party's presidential nod”. USA Today. Associated Press. (2012年7月14日). http://www.usatoday.com/news/politics/story/2012-07-14/green-party-jill-stein/56226288/1 2012年7月15日閲覧。 
  2. ^ 2012 Presidential General Election Results, Dave Leip's Atlas of U.S. Presidential Elections accessed November 19, 2012
  3. ^ Green Party candidate Jill Stein says Bernie Sanders should make a 3rd party run” (2016年6月1日). 2016年8月20日閲覧。
  4. ^ "Green Party's Jill Stein Wants To Be 'Plan B' For Bernie Sanders Supporters". All Things Considered. ナショナル・パブリック・ラジオ. 2016年7月24日放送. 写し.
  5. ^ Tau, ron (2016年7月1日). “Jill Stein, the Green Party’s Presumptive Presidential Nominee, Makes Inroads”. Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. http://www.wsj.com/articles/jill-stein-the-green-partys-presumptive-presidential-nominee-makes-inroads-1467413879 2016年8月20日閲覧。 
  6. ^ O’Sullivan, Jim (2010年1月7日). “Stein to jump into gov race with Green-Rainbow bid”. Boston Globe. http://www.bostonherald.com/news/politics/view/20100107stein_to_jump_into_gov_race_with_green-rainbow_bid/srvc=home&position=recent 2012年7月18日閲覧。 
  7. ^ Going Green”. 前進 (新聞). 2012年8月21日閲覧。
  8. ^ Reilly, Peter J. “Who Is Jill Stein Anyway ? Green Party Candidate Discusses Her Background”. 2016年8月20日閲覧。
  9. ^ Hirsch, David S. (2002年10月2日). “Governor Candidates Bicker in Debate”. The Harvard Crimson. http://www.thecrimson.harvard.edu/article/2002/10/2/governor-candidates-bicker-in-debate-republican/?print=1 2012年7月14日閲覧。 
  10. ^ Saulny, Susan (2012年7月12日). “Party Strains to Be Heard Now That Its Voice Isn’t Nader’s”. ニューヨーク・タイムズ: p. A10. http://www.nytimes.com/2012/07/13/us/politics/jill-stein-green-party-candidate-and-the-chances-of-making-a-difference.html?pagewanted=all 2012年7月14日閲覧。 
  11. ^ Dr. Stein is a Harvard-educated physician who ran for Governor as a Green Party candidate in the 2002 Massachusetts election. Most recently, she was an instructor at Harvard Medical School and practiced medicine at Beth Israel Deaconess Medical Center.”. 2016年6月20日閲覧。
  12. ^ Jill Stein, M.D. a former staff physician at Harvard Community Health Plan and Simmons College Health Center and co-author of In Harm's Way: Toxic Threats to Child Development, concluded the morning presentations”. 2016年6月20日閲覧。
  13. ^ Jill Stein MD Internist, public health advocate and founder of the Massachusetts Coalition for Healthy Communities (MCHC), instructor in medicine at Harvard Medical School 1982–2005, and staff internist at Simmons College Health Center for 15 years.”. 2016年6月20日閲覧。
  14. ^ Before she headed out to campaign, the Harvard-educated physician, instructor of internal medicine, and environmental health advocate sat down with WBZ-TV’s Political Editor Jon Keller”. 2016年6月20日閲覧。
  15. ^ Stein, a physician and internal medicine instructor, graduated magna cum laude from Harvard College in 1973, and from Harvard Medical School in 1979.”. 2016年6月20日閲覧。
  16. ^ Stein, a Lexington native who graduated from Harvard Medical School where she later became an instructor said that she quit medicine so she could "cure" politics, "The mother of all illnesses."”. 2016年6月20日閲覧。
  17. ^ Jill was trained as a clinical doctor and served for decades as an instructor in internal medicine at Harvard Medical School.”. 2016年6月20日閲覧。
  18. ^ CitizensCountNH- Jill Stein”. 2016年6月20日閲覧。
  19. ^ InsideGov- Jill Stein”. 2016年6月20日閲覧。
  20. ^ BBCニュース (2016年10月25日). “【米大統領選2016】トランプ氏支持の若者たち 選択の理由は”. http://www.bbc.com/japanese/video-37759050 2017年1月24日閲覧。 映像0分40秒以降
  21. ^ 米ウィスコンシン州が再集計へ=第3党候補が要請-大統領選時事通信社(2016年11月26日)

外部リンク[編集]

関連記事・インタビュー[編集]

党職
先代:
シンシア・マッキニー
アメリカ緑の党大統領選挙候補
2012, 2016
Most recent