ジョン・P・オニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョン・パトリック・オニールJohn Patrick O'Neill1952年2月6日2001年9月11日)は、アメリカ対テロ作戦専門家。元連邦捜査局(FBI)捜査官。ニュージャージー州アトランティックシティ出身。アメリカ同時多発テロ事件により命を落とした。

概要[編集]

1976年、子供の頃からの夢だった連邦捜査局(FBI)の捜査官となったジョン・P・オニールは、1995年、本部の対テロ作戦部長、1997年、ニューヨーク支局の特別捜査官(国家安全保障問題担当)を歴任し、1993年のワールドトレードセンター爆破事件の主犯ラムジ・ユセフの逮捕(1995年)や、ケニアタンザニアにおけるアメリカ大使館爆破事件(1998年)、イエメンにおける米艦コール襲撃事件(2000年)などの捜査に関わった。2001年8月、連邦捜査局を退官し、ニューヨークワールドトレードセンターの保安責任者に就任した。

オニールはアメリカの治安担当の要職にあってウサーマ・ビン・ラーディンアルカーイダに早くから着目した数少ない人物のひとりであり[注 1]、彼らに最も詳しい専門家のひとりであった[1]。しかし、連邦捜査局を退官して間もない2001年9月11日、奇しくもビン・ラーディンらが引き起こしたアメリカ同時多発テロ事件に巻き込まれ、命を落とした。

オニールについては、米PBSの長寿ドキュメンタリー番組『フロントライン』が2002年10月3日放映回「The Man Who Knew 」にて、取り上げている。また、ほかにも、作家ローレンス・ライトによる『倒壊する巨塔 -アルカイダと「9.11」への道-』(2006年)や米ABCのドラマ番組『9.11への道』(2006年9月放映)など、オニールを題材にした書籍や映像作品が発表されている。

経歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ローレンス・ライトによれば、オニールは、早くも1995年、対テロ作戦部長に着任早々、ウサーマ・ビン・ラーディンに強い関心を示していた。また、1996年頃の時点でも、ビン・ラーディンを調査していた連邦捜査局の捜査官ダニエル・コールマンの報告書に本気で関心を示した幹部は、中央情報局(CIA)を含めてもごく少数であり、連邦捜査局ではオニールだけだったという。ローレンス・ライト 『倒壊する巨塔 -アルカイダと「9.11」への道-』下巻 平賀秀明訳、白水社、2009年、pp.19,78-79.

出典[編集]

  1. ^ Robert Kolker “O'Neill Versus OsamaNew York 2001年12月17日付, 英語, 2015年4月5日閲覧.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]