ジュリエット・グレコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュリエット・グレコ
Juliette Gréco
Juliette Greco op Schiphol, Bestanddeelnr 918-9741.jpg
1966年
基本情報
出生名 Marie-Juliette Gréco
生誕 (1927-02-07) 1927年2月7日
出身地 フランスの旗 フランスモンペリエ
死没 (2020-09-23) 2020年9月23日(93歳没)
学歴 パリ・オペラ座舞踊学校
ジャンル シャンソン
ジャズ
職業 歌手女優
活動期間 1949年 - 2016年
レーベル フィリップス・レコード
コロムビア・レコード
バークレー・レコード
RCAレコード
ポリドール・レコード
ユニバーサル ミュージック グループ
公式サイト juliettegreco.fr

ジュリエット・グレコ (Juliette Gréco、1927年2月7日 - 2020年9月23日)は、フランス出身のシャンソン歌手女優

約70年のキャリアを誇る、同国を代表する歌手の一人。世界的にも最高峰の歌手と称えられ、戦後のシャンソン界を牽引する存在であったが、2016年を最後に一線から退いた。

略歴[編集]

若年期と活動後[編集]

ジュリエット・グレコ(1956年3月7日)

コルシカ島出身の父と、レジスタンス活動家の母との間に生まれる。ジュリエットは母方の祖父母に育てられるが、自身もレジスタンス活動に巻き込まれゲシュタポにより、パリ近郊のフレンヌ監獄の収容所に、母と姉はドイツラーフェンスブリュック強制収容所に入れられた[1]。若年だったため早期に釈放され、エレーヌ・デュック (fr [2]) が住むサン=シュルピス教会近くのパリ6区セルヴァンドニ通り (fr) 20番地[3]へやってきた。そこで寄留することになり、家にあったあり合わせの男物の服を着て、エレーヌの友人アリス・サプリッチ (fr) から靴をあたえられたりしたが、いわば“サンジェルマンスタイル”をこの時に創り出した。

ジュリエットは、たちまち戦後フランスのボヘミアンのスターに躍り出た。“サン=ジェルマン=デ=プレミューズ”、“グレコ”あるいは“ラ・グレコ”などと呼ばれた。黒い長い髪をなびかせ、黒ずくめの衣装で歌うのがトレードマークで、彼女はジャン・ポール・サルトルボリス・ヴィアンらアーティストのインスピレーションを刺激し、彼らから曲の提供を受けるなどして、一線で活躍した。ジャン・コクトーが映画『オルフェ』に起用した。『パリの空の下』のカバーや、また『枯葉』はバレー曲、映画音楽などとして作曲され、シャンソンとして歌詞がつき、その後ジュリエットの歌で流行り、マイルス・デイヴィス[4]もセッションの2曲目としてよく演奏した[5]

オーストリア「Vienna Festival 2009」(2009年5月)

以後、世界的にも最高峰クラスのシャンソン歌手と称えられ、近年までレコーディングした曲は500曲を超えている[6]

女優としても活動し、特に1950年代から1960年代の間には数多くの映画に出演している。日本には通算22回来日し[7]、その間 日本にもシャンソン・ブームをもたらした[8]

2015年4月、現役は続行するものの、ステージからの引退を表明した。これまでの長いキャリアの上で応援をしてくれた全てのリスナーへ、感謝を込めて贈るベスト・アルバム『メルシー』を引っさげ、2016年に最後のコンサートツアーを実施。

2020年9月23日、老衰により93歳で死去[9][10]

私生活[編集]

私生活では、俳優フィリップ・ルメール (1953年–1956年)、俳優ミシェル・ピコリ (1966年–1977年) と結婚歴があり、1988年からピアニストのジェラール・ジュアネスト(2018年死去)を伴侶に迎えた。そのほか過去には、アメリカのジャズミュージシャン、マイルス・デイヴィスと恋愛関係にあったが、成就せず結婚には至らなかった。しかしその後も、生涯の友人関係として続いた[11]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオアルバム[編集]

  • 1964: Gréco chante Mac Orlan
  • 1967: La Femme
  • 1991: Juliette Gréco chante Maurice Fanon
  • 1993: Vivre dans l’avenir
  • 1998: Un jour d’été et quelques nuits
  • 2003: Aimez-vous les uns les autres ou bien disparaissez …
  • 2006: Le Temps d’une chanson
  • 2009: Je me souviens de tout
  • 2012: Ça se traverse et c’est beau
  • 2013: Gréco chante Brel
  • 2015: Merci!
そのほか多数

ライブアルバム[編集]

  • 1965: Juliette Gréco à la Philharmonie de Berlin
  • 1966: Juliette Gréco in Deutschland
  • 1992: Juliette Gréco à l’Olympia
  • 1999: Juliette Gréco Odéon 1999
  • 2004: Juliette Gréco Olympia 1955 – Olympia 1966
  • 2004: Juliette Gréco Olympia 2004
そのほか多数

映画出演[編集]

そのほか多数

日本公演[編集]

日本には通算22回来日している。以下はその一部

脚注[編集]

  1. ^ 母・姉の同収容所の同ブロックには、シモーヌ・ヴェイユ (政治家)の姉ドニス・ヴェルネ (fr) がいた。のちにジュヌヴィエーヴ・ド・ゴール=アントニオーズが加わった。戦後の1946年に、母はフランス海軍についてフランス領インドシナへ行った。
  2. ^ 母の友人で、グレコのフランス語等の教師だった。のち女優。
  3. ^ 同通り18-20番地はかつてオランプ・ド・グージュが居住した地になる。
  4. ^ グレコは、サルトルのルイジアンヌ館 (fr) に居住し、のちに同建物に居住していたマイルス・デイヴィスとも近しい関係になった。
  5. ^ BS-TBS『SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜』ジュリエット・グレコ「枯葉」 2018年12月23日放送
  6. ^ ジュリエット・グレコ、オールタイム・ベストを引っ提げ最後の来日公演を6月開催”. musicman-net (2016年3月16日). 2018年2月13日閲覧。
  7. ^ ジュリエット・グレコ、ベスト盤”. TOWER RECORDS (2016年2月10日). 2018年2月13日閲覧。仏歌手の来日公演が中止 ジュリエット・グレコさん”. 産経新聞 (2016年4月28日). 2018年2月13日閲覧。
  8. ^ ジュリエット グレコ”. VOYAGE GROUP/朝日新聞 (2017年5月26日). 2018年2月13日閲覧。
  9. ^ ジュリエット・グレコさん死去 仏シャンソンの大御所”. 朝日新聞デジタル (2020年9月24日). 2020年12月15日閲覧。
  10. ^ "La chanteuse Juliette Gréco est morte". Le Monde (フランス語). Groupe Le Monde. 23 September 2020. 2020年9月24日閲覧
  11. ^ マイルス・デイヴィスとジュリエット・グレコの生涯を貫いた愛”. Music Calendar (2017年5月26日). 2018年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]