ジェイ・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェイ・ロドリゲス Football pictogram.svg
Jay Rodriguez.jpg
バーンリーでのロドリゲス (2011年)
名前
本名 ジェイ・エンリケ・ロドリゲス
Jay Enrique Rodriguez
ラテン文字 Jay Rodriguez
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1989-07-29) 1989年7月29日(30歳)
出身地 バーンリー
身長 185cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 バーンリーFC
ポジション FW
背番号 19
ユース
0000-2007 イングランドの旗 バーンリー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2012 イングランドの旗 バーンリー 105 (31)
2008 スコットランドの旗 スターリング (loan) 11 (3)
2010 イングランドの旗 バーンズリー (loan) 6 (1)
2012-2017 イングランドの旗 サウサンプトン 104 (26)
2017-2019 イングランドの旗 WBA 82 (29)
2019- イングランドの旗 バーンリー
代表歴
2011 イングランドの旗 イングランド U-21 1 (0)
2013 イングランドの旗 イングランド 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェイ・ロドリゲスJay Rodriguez1989年7月29日 - )は、イングランドバーンリー出身のサッカー選手バーンリーFC所属。ポジションはフォワード

経歴[編集]

バーンリー[編集]

生まれ故郷であるバーンリーでサッカーを始める。2007年にトップチーム入りした。

バーンリーがプレミアリーグに昇格した2009-10シーズンはくるぶしの負傷の影響でシーズンを全休。2月1日にバーンズリーFCに期限付き移籍したためプレミアリーグ初出場とはならなかった。

2010-11シーズンがブレイクの年となり、ロドリゲスは15得点を記録。シーズン終了後にはバーンリーの年間最優秀賞に輝いた。

2011-12シーズンも出だしから好調を維持しチームトップの21得点を挙げる。これにより2部のPFA年間ベストイレブンのひとりにノミネートされ、結果としてバーンリーではリーグ戦105試合に出場して31得点を記録しエースストライカーの地位を確保した。

サウサンプトン[編集]

2012年夏にサウサンプトンに700万ポンドで移籍し、ここでもストライカーとして名を馳せる。しかしプレミアリーグ昇格2シーズン目の2013-14シーズン4月5日に行われたマンチェスター・シティFC戦で、左膝の前十字靭帯を断裂する重傷を負い、翌2014-15シーズンは全休。結果としてシーズン終了後に行われる2014 FIFAワールドカップへの出場を逃した。2015年5月12日、サウサンプトンと4年契約を更新した。 負傷から16ヶ月後の8月6日のフィテッセ戦で復帰を果たすも、2015-16シーズンは12試合の出場に留まった。

2016-17シーズンは8月27日のサンダーランドAFC戦で2年ぶりの得点を挙げたのを皮切りにリーグ戦では5得点を記録。27試合に出場するなど復活を匂わせた。

ウェスト・ブロムウィッチ[編集]

2017年7月2日、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCと4年契約を結んだ[1]。2018年1月13日のブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC戦でガエタン・ボングに人種差別行動をしたことでFAから処分を受けかけたが、証拠が見つからなかったとして免れた。同シーズンにチームは2部に降格した。

バーンリー復帰[編集]

2019年7月9日、古巣バーンリーと2年契約を結び復帰した[2]

脚注[編集]

  1. ^ WBA、約17億円で元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲス獲得!”. 超ワールドサッカー (2017年7月3日). 2019年11月26日閲覧。
  2. ^ バーンリー、FWジェイ・ロドリゲスが2012年以来の復帰…移籍は約14億円エキサイトニュース 2019年7月10日

外部リンク[編集]