シロヤシオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シロヤシオ
クロンキスト体系
Rhododendron quinquefolium02.JPG
シロヤシオ (丹沢山地、2007年5月27日撮影)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: ツツジ属 Rhododendron
: シロヤシオ R. quinquefolium
学名
Rhododendron quinquefolium
Bisset et S.Moore (1877)
和名
シロヤシオ(白八汐)

シロヤシオ(白八汐、Rhododendron quinquefolium)は太平洋側の山地に生息するツツジ科ツツジ属落葉樹である。ブナ帯に生育し、時に直径数十cmの大木となる。葉は倒卵形で、縁が薄く赤く色づくことがある。

枝先に5枚の葉が輪生状に付くことから、別名としてゴヨウツツジ五葉躑躅)とも呼ばれる。その他、シロヤシオツツジとも。

[編集]

花は5-6月に咲く。花は白く大柄で、花弁が浅い三角に出るので、花全体としてはやや五角形に見える。大木に一面に咲くのは美しいが、花は葉の影に咲く上に、白いので遠くからは目立たない。多数の木が群生している場合には、その下に入って観賞すると楽しい。

備考[編集]

東北から近畿、四国まで広く分布する。花の咲く期間は短い。アケボノツツジとは近縁である。

敬宮愛子内親王お印としてシロヤシオの花が用いられている(公式表記は「ゴヨウツツジ」)[1]

種の保全状況評価[編集]

日本の以下の都道府県で、レッドリストの指定を受けている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 皇太子同妃両殿下”. 宮内庁. 2012年5月15日閲覧。
  2. ^ 日本のレッドデータ検索システム(シロヤシオ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年5月15日閲覧。

関連項目[編集]