シュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯国
Schwarzburg-Rudolstadt
シュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯国の国旗 Coat of Arms of the Principality of Schwarzburg-Rudolstadt.svg
国旗 (紋章)
国歌 :
ドイツ帝国内でのシュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯国の位置
首都 ルードルシュタット
君主号 グラーフGraf
1710年以降はフュルストFürst
君主家 シュヴァルツブルク家
面積 940 km2(1905年)
人口 97,000人(1905年)
人口密度 103.2 /km²
成立 成立(1599年)
消滅 ドイツ革命による君主制廃止(1918年)
シュヴァルツブルク=ルードルシュタット自由州を経てヴァイマル共和国テューリンゲン
連邦参議院での投票権数 1
ナンバープレート SR

シュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯国: Schwarzburg-Rudolstadt)は、ドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家である。

地理[編集]

テューリンゲン諸国におけるシュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯国(1900年)

ドイツ帝国のもとでテューリンゲン諸邦と総称された領邦群のうちのひとつである。首都はルードルシュタット (de:Rudolstadt(現在はザールフェルト=ルドルシュタット郡に所属)にあった。

歴史[編集]

シュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯国は1599年に神聖ローマ帝国の領邦として成立した。この侯国の元首は1710年までは伯爵 (Graf) を名乗っていたが、以降は侯 (Fürst) になった。 その後、神聖ローマ帝国が解散すると、1807年にライン同盟、1815年にはドイツ連邦に加盟し、1871年にはドイツ帝国の一部となった。この侯国は1918年にドイツ革命の影響により君主制が廃止され、自由州となった。さらに1920年にはコーブルク自由州を除く他のテューリンゲン諸邦との合邦に参加し、テューリンゲン州の一部となった。

歴代領主[編集]

領主一覧[編集]

1697年までは伯、以後は侯[1]

系図[編集]

 
 
 
アルブレヒト7世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カール・ギュンター
 
ルートヴィヒ・ギュンター1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルブレヒト・アントン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルートヴィヒ・フリードリヒ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・アントン
 
ルートヴィヒ・ギュンター4世
 
アンナ・ゾフィア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・カール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルートヴィヒ・フリードリヒ2世
 
 
 
 
 
カール
 
ルイーゼ
(ヘッセン=ホンブルク方伯フリードリヒ5世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ・ギュンター
 
アルベルト
 
 
 
 
 
アドルフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジッツォ
 
ゲオルク・アルベルト
 
 
 
マリー
 
ギュンター・ヴィクトル
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 下津、p. 435

参考文献[編集]

  • 下津清太郎 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1987年