シュヴァルツェンバッハ・アン・デア・ザーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(ホーフ郡の位置)
Wappen von Schwarzenbach an der Saale Lage des Landkreises Hof in Deutschland.PNG
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: ホーフ郡
緯度経度: 北緯50度13分 東経11度56分
標高: 海抜 508 m
面積: 55.10 km²
人口:

7,042人(2018年12月31日現在) [1]

人口密度: 128 人/km²
郵便番号: 95126
市外局番: 09284
ナンバープレート: HO
自治体コード: 09 4 75 168
市庁舎の住所 Ludwigstr. 4
95126 Schwarzenbach a. d. Saale
ウェブサイト: www.schwarzenbach-saale.de
市長: ハンス=ペーター・バウマン (Hans-Peter Baumann)
郡内の位置
Schwarzenbach an der Saale in HO.svg

シュヴァルツェンバッハ・アン・デア・ザーレ (Schwarzenbach an der Saale、公式にはSchwarzenbach a. d. Saale)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーフランケン行政管区ホーフ郡の市。

地理[編集]

自治体の構成[編集]

本市は、公式には27の地区 (Ort) からなる[2]。このうち孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • バウマースロイト
  • フレッチェンロイト
  • フェルバウ
  • フェルミッツ
  • ゴットフリーツロイト
  • ハラーシュタイン
  • ランゲンバッハ
  • マルティンラミッツ
  • ノンネンヴァルト
  • シュヴァルツェンバッハ・アン・デア・ザーレ
  • シュヴィンゲン
  • ゾイルビッツ
  • シュトーバースロイト
  • フェルケンロイト

歴史[編集]

ザーレ川河畔の教会

ブランデンブルク=バイロイト辺境伯クリスティアンは、1610年に市場の開催権を与えた。1792年から設けられたプロイセン王国バイロイト侯領のアムトは1807年ティルジットの和約によりフランスの管理下に置かれ、1810年バイエルン王国領となった。シェーンブルク=ヴァルデンブルク侯は、この時期、この地を所領とした。1844年からシュヴァルツェンバッハ・アン・デア・ザーレは都市となった。

1948年聖金曜日に聖グムベルトゥス教会で、ゼルビッツ・キリスト兄弟会が創設された。

人口[編集]

この地域の人口は、1970年 9,768人、1987年 8,174人、2000年に8,260人であった。

地区は、ハラーシュタイン、マルティンラミッツ、フェルバウ、フェルミッツ、ゲッツマンスグリュン、シュトーバースロイト、フレッチェンロイト、ズイルビッツ、ノンネンヴァルト、バウマースロイト。

行政[編集]

2014年からハンス=ペーター・バウマン (CSU) が市長を務めている。

産業[編集]

主な産業の業種は、陶磁器繊維鋳造、機械製造、などである。産業構造は、特に陶磁器産業では、1989年-1990年に政治環境が変わる中で大きく変化した。

ゆかりのある人物[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]