ヴァイスドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(ホーフ郡の位置)
Wappen Weißdorf Lage des Landkreises Hof in Deutschland.PNG
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: ホーフ郡
緯度経度: 北緯50度11分 東経11度51分
標高: 海抜 518 m
面積: 21.90 km²
人口:

1,164人(2018年12月31日現在) [1]

人口密度: 53 人/km²
郵便番号: 95237
市外局番: 09251
ナンバープレート: HO
自治体コード: 09 4 75 184
行政庁舎の住所: Schwarzenbacher Str. 6
95237 Weißdorf
公式ウェブサイト: www.weissdorf.de
首長: ハイコ・ハイン (Heiko Hain)
郡内の位置
Weißdorf in HO.svg

ヴァイスドルフ (Weißdorf)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州オーバーフランケン行政管区ホーフ郡の町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、シュパルネック行政共同体の一員。

地理[編集]

ヴァイスドルフは、フィヒテル山地自然公園北端のザーレ川沿いに位置する。ミュンヒベルクの東約5km、ホーフ市の南東20kmにあたる。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には13の地区 (Ort) からなる[2]。このうち孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • ベルラス
  • ベンク
  • ブーク
  • ヴァイスドルフ
  • ヴルマースロイト

歴史[編集]

ヴァイスドルフが初めて文献に現れるのは、1364年1792年から設けられたプロイセン王国バイロイト侯領のアムトは、1807年ティルジットの和約によりフランス管理下に置かれ、1810年バイエルン王国領となった。この時、ポデヴィル男爵が、この地を所領として治めた。1938年に隣接する自治体のブークが解体され、ブーク地区とオッペンロート地区が編入された。また、マルカースロイトからヴルマースロイトも編入された。1976年7月1日には、ベンク地区(かつてはハラーシュタインに属した)が、自発的に編入してきた。1978年の自治体再編の時代には、アルベルツロイトとベルラス(かつてはゾイルビッツ)がヴァイスドルフと合併した。

人口推移[編集]

この町の町域の人口は、1970年 1,468人、1987年 1,256人、2000年 1,421人と推移した。

行政[編集]

2014年5月1日からハイコ・ハイン (Überparteiliche Freie Wählergemeinschaft) が首長を務めている。

文化と見所[編集]

レクリエーション施設とスポーツ施設[編集]

聖マリア教会

見所[編集]

  • 1480年に建造された後期ゴシック様式のホール式教会である聖マリア教会
  • 水城 (私邸であり、施設内の見学・立ち入りは不可)
  • ウプローデ城址

引用[編集]

外部リンク[編集]